FC2ブログ

本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > アーカイブ - 2014年05月

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡

ケンカ腰が本当を引き出していた。

渋谷陽ーの宮崎駿へのロングインタビュー。
最初は喧嘩腰。
それが回を重ねるごとに噛み合い、思わぬ本当を引き出していた。
それは渋谷と宮崎に通底する思想や教養があったからこそ。
土俵があってこその喧嘩腰。

「『これはブランドもんだから好きだ』って着てるのは駄目ですよ! そうい
うスノビズムは、どっかで可愛げがあったときはいいけども」

「僕は回復可能なもの以外は出したくないです」

「僕は、人間を罰したいという欲求がものすごくあったんですけど、それは
ヤバイなあと思ったんです。『新世紀エヴァンゲリオン』なんかは典型的に
そうだと思うんだけど、自分の知っている人間以外は嫌いだ、いなくてもよ
いという」

「下請けの人が仕事を持ってきてくれたときには挨拶したいしね、暇があっ
たらお茶でもいれたいぐらいの気分なんですよ。~ところが案外ね、みんな
平気な顔してるんですね」

「シンプルでストロングなストーリーで端的明瞭っていうのが映画では一番
いいんだっていうのは、ほんとそのとおりだと思うんですよ。でも、それだ
けやってしまうと、この現代の世界は取りこぼしてしまうんですよ」

心にとまった所をピックアップしてみると、常識というか、知性というか、
教養というか、もののとらまえ方が自分に響いたとわかる。


風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)
(2013/11/08)
宮崎 駿

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2014/05/08 02:34 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム