FC2ブログ

本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > アーカイブ - 2015年03月

2015年1月期地上波ドラマ

月21CX    デート~恋とはどんなものかしら~
火22CX    銭の戦争
水22NTV   〇〇妻
水22CX    残念な夫
水22CX    問題のあるレストラン
金22TBS   ウロボロス
土00TV東京 怪奇恋愛作戦
土01TV東京 山田孝之の東京都北区赤羽
日21TBS   流星ワゴン

合計9本を観た。

月21CX    デート~恋とはどんなものかしら~
恋愛しないラブコメという意表をつくドラマ。
杏と長谷川博己の掛け合いに笑わされた。今回一番面白かった。
個人的にはハッちゃけた国仲涼子がチャーミング。

火22CX    銭の戦争
最初はドロドロだと思ったが、後半は予定調和。
視聴率は良かったが、既視感が残った。
もっと振り切って欲しかった。

水22NTV   〇〇妻
出だし最高。
あとはじり貧。
視聴者を振り回して、興味をつなぐ脚本展開は
もういいかな。

水22CX    残念な夫
なんとなく観られるホームコメディ。
後半は離婚とかからめて、でも、戻るよなとわかっちゃう。
どっちでもいいドラマ。

水22CX    問題のあるレストラン
キャストやスタッフ的には
一番期待していたんだけど。
最初がやり過ぎ。
男性が観ていても辛くなる。
女優陣が明るく振舞っても
何か素直に入ってこなかった。
入り口のやりすぎがすべて。

金22TBS   ウロボロス
ストーリーひねり過ぎ。
で、よくわからん。
ラスボスの登場感なし。
尻すぼみだね。

土00TV東京 怪奇恋愛作戦
テレ東深夜ドラマはツボにはまるかどうか。
最後まで観たけど、ツボにはまらなかった。
仲村トオルのボケキャラは好きなんだけどな。

土01TV東京 山田孝之の東京都北区赤羽
ドキュメンタリーか? 演出か?
と落ち着かない感じで観ていた。
ラストのお芝居ですべての帳尻を合わせた。
そういう意味では芝居的ドキュメンタリー。
試みは〇。

日21TBS   流星ワゴン
この原作者がちょっと肌に合わない。
情緒的なのは好きなんだけど
ウェットに過ぎる気がする。
役者が揃っていたから
まあまあ面白かったけど
ちょっと消化不良。
主役がもうちょっと弱々しいとかダメ人間とか
振り切った魅力が欲しかった。
チュウさんは良かった。

全体的に観ると
挑戦したものと
従来パターンが入り混じったクールだった。

デートの新機軸に◎。
他はまあまあでした。
スポンサーサイト



オズ はじまりの戦い

オズの魔法使いのはじまりの物語。
魔法の国を救ったのはマジシャンだった。


ディズニーらしい、安心できる映画。
オズの魔法使いの前日談。
実はオズを救ったのは
ちょっと軽い普通のマジシャンだった。
この設定で、もう既におもしろくなるのはわかってた。

冒頭、モノクロでこのマジシャンのダメさが描かれる。
そして、カラーになって迷い込んだ魔法の国、オズ。
男は国を救う魔法使いと間違えられて。
途中、ちょっと長いなと思う部分もあるが
ラストのクライマックスは爽快。
マジシャンの成長も描かれていて
ディズニーらしいさわやかな印象。

魔女などの女性たちがけっこう強いのが笑える。

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2013/08/02)
ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス 他

商品詳細を見る

江ノ島プリズム

淡くて、切なくて、懐かしくて。
こんなSF映画が好きだ。


何だろう?
江ノ島の風景がいい。
そこでイキイキとしている福士蒼汰や本田翼がいい。
そして、コミカルなSF仕立てがいい。
心のツボにはまった映画だ。

福士蒼汰は高校生。
心臓に病をもつ親友の野村周平は
駅まで駆けて帰らぬ人となった。
イギリス留学になった本田翼を
見送りに行くためだった。
そのきっかけを作った自分に責任を感じ……。

おもちゃみたいなタイムマシンで過去に戻り
親友を救おうとする。
うまくいかなくて、何度も何度も。

始まりは切なくて。
何度も過去にタイムスリップするシーンは笑えて
やってることは青春ぽくって
でも、それを江ノ島の風景が
やさしく包み込んで
リアルになっていて。

誰もが青春に戻ることができる
タイムマシーンのような映画。

おもうろうて、やがて悲しき。
でも、どこかさわやか。
そんな気分にさせてくれる。

ヒロインの本田翼の存在もいい。

江ノ島プリズム [DVD]江ノ島プリズム [DVD]
(2013/12/04)
福士蒼汰、野村周平 他

商品詳細を見る

シャニダールの花

映画的な、とても映画的な。
幻想と狂気の物語。


ひとつの思いが生まれる。
それをひたすらに追い続ける。
そこに狂気と美と幻想が生み出される。

ある種退屈な、ある種アーティスティックな。
人生のような物語。

シャニダールの花に何を見るか。
そこが問われる物語。
僕は夢を見た。

綾野剛が主演でなければ見なかった。

シャニダールの花 特別版 [DVD]シャニダールの花 特別版 [DVD]
(2014/02/07)
綾野剛、黒木華 他

商品詳細を見る

WOWOWドラマ『天使のナイフ』

少年犯罪について取り上げたミステリー。
小出恵介が魅力的だ。


原作を読んだのだけれど。
だいぶ忘れていた。

小出恵介はカフェの店長。
妻を少年たちに殺される。
憤り、怒り。
被害者は実名で報道され
さまざまな痛みを受けるのに
加害者は少年犯罪だというだけで
名前も公表されない矛盾に
切り込んでいく。

そこから過去のいくつもの事件が絡み合って
少年犯罪の問題が明るみに出ていく。
ミステリーのおもしろさに加えて
少年犯罪の加害者、被害者について
思いを巡らせる作品になっている。

全編を小出恵介の存在感が引っ張っていく。
千葉雄大が何かありそうで気になっていたんだけど……。

少年と少女が重要な役割を占めるミステリーだ。

CXドラマ『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』

情報の収集だけで謎を解く。
天才探偵ミタライはおもしろい。


軽い気持ちで観たが
なかなかおもしろかった。
天才探偵ミタライは引きこもり気味で
アームチェア・ディテクティブの正当な系譜を継ぐ。
情報を収集し、分析するだけで
謎を解く。
ミタライに玉木宏。
これが合っている。
パートナーの作家に堂本光一もおもしろい。

ラジオで流れるエピソード。
雨の日に車に傘をひかせて折る女。
その分析から一気に興味を引きつけ
事件へと結んでいく。

そして、さまざまな謎が折り重なり
それを解いていくのがスカッとする。

ただ、CX謎解き系でよくやる
考えているときに主人公の周囲にCGを使って
主人公の謎解きを描くのはいただけない。
どれも『ガリレオ』に見えてしまう。

テレビ朝日ドラマ『霧の旗』

堀北真希はクールな役がいい。
松本清張の原作のドラマはいい。


堀北真希は感情表現がない冷たい役が
やはり合っている。
このドラマでは、弟の冤罪を晴らすことを願って
訪ねた弁護士に断られ
その弁護士に理不尽な復讐を果たす姿が描かれている。

弟は知的障害を持っており、刑務所内で死ぬ。
ここから堀北の復讐が始まる。

弁護士に椎名桔平。
弁護士の愛人に木村佳乃。
と脇を固める。

松本清張のミステリーの映像化は好きで
なぜか観てしまう。
戦後間際の時代背景が甦ることや
人間の怖さが浮かび上がってくる点に
心惹かれるのだと思う。

屍者の帝国

故伊藤 計劃氏の構想を
盟友・円城 塔氏が小説化した。
死と命に関する壮大な思索だ。


死の淵にあった伊藤 計劃氏が
屍者が甦る小説を構想する。
そのことで、もう既に心はざわめく。
意識と無意識がせめぎ合う。

舞台は今と少し違う近い過去。
1870年代のロンドンから始まる。
主人公はワトソン。
とくれば、ホームズの匂い。
さらにヴァン・ヘルシング。
フランケンシュタイン博士が話題に上り
その時代の主たる技術が
屍者を労働力として使うことだ。

ワトソンは秘密機関のスパイとなり
ロンドンからボンベイ、アフガニスタン
バダフシャン、東京、アメリカ、ロンドンと
世界を駆けながら、屍者の秘儀を追い求める。
アクションシーンもあるが、そこで展開されるのは
死と命に関する壮大な考察だ。
翻って、生きるとは何か。生とは何か。
までを伊藤 計劃氏は死の淵で思考した。

ワトソンのパートナーとなるのが
記録する屍者フライデー。
レット・バトラー、ハダリーが同志となり
最後の方にはノーチラス号も出てくるなど
さまざまに知性を刺激する。

生と死に関する思索も多彩だが
こんな言葉もあった。

「生命とは何だと思う」
「性交渉によって感染する致死性の病」

感情をはるかに超えて
思索は広がっていく。
現実世界の見え方をも変えながら。

そして、感情を乗り越えられない私は
伊藤 計劃氏の死をやはり悲しんでしまう。

屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る
[ 2015/03/24 10:35 ] | TB(0) | CM(0)

WOWOWドラマ『贖罪の奏鳴曲』

罪とは何か。
生きることが償いなのか。


少年時代に殺人を犯した男が
弁護士となって容疑者を弁護する。
ヒールの匂いを振りまいて
三上博史が弁護士を演じる。
彼を追求する刑事にリリー・フランキー。
主人殺しの容疑者にとよた真帆。
車椅子に乗るその息子が染谷将太。
誰もが悪の印象を放ちながら、物語は進む。
後半明らかになってくる三上の思い。
しかし、罪と罰というテーマに
観る側も葛藤があった。
ラストのサスペンスを超えてなお
思いはまとまらない。
それが生きるという贖罪なのか。

ピースメーカー

9.11やイスラム国前に誕生した
核テロアクション映画。
歴史が映画に新たな意味を加えた。


軍事危機を扱ったハリウッドアクション映画。
1997年制作。
9.11よりも前、イスラム国などなかった頃。
歴史がこの映画に新たな意味を加えている。
観ていて、今という時代を考えざるを得なかった。

核によるテロをクルーニーとキッドマンが止める。
クルーニーは軍人、キッドマンは科学者。
キッドマン好きなんだよね。
キッドマンのアクション映画だというので
観たんだけど。

クルーニーの軍人もはまっていて
ラストまで一気に観られた。
ハリウッド特有のハッピーエンドだけれど。
反面、テロリストの心情も描かれていて。
娯楽作でありながら
ピースメーカーという
アメリカへの皮肉に込めた思いを
今だからこそ感じた。


ピースメーカー [DVD]ピースメーカー [DVD]
(2013/08/23)
ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン 他

商品詳細を見る

ボーン・アイデンティティー/ボーン・スプレマシー/ボーン・アルティメイタム

ただ一人の男が
情報と肉体でCIAに立ち向かう。
三部作は一気観が正しい。


アクション映画とは
突き詰めれば、強い男の造形だ。
強くなければ生きていけない。
優しくなければ生きていく資格がない。
とはチャンドラーが生んだ名セリフだが
現代の映画ヒーローは
強くなければ……の後に
何を加えるかで多彩な色を描こうとしている。

この3部作のヒーローは
記憶を失った男。
しかし、圧倒的に強い。
そこに足されたのが
情報戦という色合いだ。
たった一人で自分の謎に迫っていく。
対するはCIAという組織。
そこで個人が勝つには
情報をさらし、そのことによって相手の動きを読み
先回りするという行動が必要になってくる。

だから、ボーンは強いに加えて
知的であるというエッセンスを手にした。
そして、アイデンティティーを失った孤独も。

ボーンは恋人ができても孤独だ。
そして、孤高の戦いを重ねる。
寡黙だが、切ないその心情は
一気観こそ伝わってくる。

ここで思った。
これは違った形の新しい『逃亡者』なのだと。


ボーン・アイデンティティー [Blu-ray]ボーン・アイデンティティー [Blu-ray]
(2012/04/13)
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ 他

商品詳細を見る



ボーン・スプレマシー [Blu-ray]ボーン・スプレマシー [Blu-ray]
(2012/04/13)
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ 他

商品詳細を見る



ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]
(2012/04/13)
マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ 他

商品詳細を見る

愛のむきだし

長い。だからこそ、豊かだ。
宗教、盗撮、女装。
その果ての愛。


この乱雑さと豊かさは何だ。
長い長い時間を旅して
観る者はどこへ行くのだろう。
西島隆弘がいい。
満島ひかりがいい。
安藤サクラが怪演だ。
そして、渡辺真起子 渡部篤郎が受け止める。

実話に想を得たというから
ビックリする。

ストーリーを書いても意味がないと思うが
父親である渡部篤郎はキリスト教の神父。
息子の西島隆弘は父の気を引こうと
罪を重ねていく。
それが盗撮だ。
そして、満島ひかりと運命的な出会いをする。

園監督のハチャメチャなノリで
物語はエッチ感満載で進む。
おバカ感全力で進む。
そして、ときおり現れる愛という名の幻想。

日本は、現代は、私は、私たちは
混迷に満ちている。
混迷を生きている。
でも、生きている。

愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘、満島ひかり 他

商品詳細を見る

共喰い

原作は迫力。
映画は客観。


読んでから観た。
原作のラスト辺りの迫力は
文芸作品でありながら
人の業や愛憎の果ての殺戮など
日本文学の確かな系譜にあることを感じた。

そして。
映画を観終わった直後は
物足りなさを感じた。
その理由は映像の方こそ
バイオレンスだったり、迫力だったりを
描けるはずだという思いから。

少し経って感じた。
映像は迫力を追わなかった。
ラストのクライマックス場面も
敢えて遠景で撮っていた。
いうならば、原作が主観の美であるならば
映像は客観の美。

原作では想像するしかなかった
河口付近の街が
映像として眼前に広がってきたのは
映画ならではの魅力ではあった。

あとは唐突なセックスシーン。
そこにもなぜか突き放すような視点を感じた。

主役は最近心境著しい菅田将暉。
彼の佇まいには同化できた。

日本という国の
土着というあり方。
血というテーマ。
それを突き放して描いたから
映画は文学とは異なる道を行った。

共喰い [DVD]共喰い [DVD]
(2014/03/05)
菅田将暉、木下美咲 他

商品詳細を見る

レッドライン

公道カーレース。
お金。女。
アメリカ人の好きなノーテンキもの。


考えないで観たいときにおすすめ。
スーパーカーが公道でレースをする。
それに大金をかける男たち。
周囲には女。
ドライバーの一人が女で
主人公のイラク帰りの軍人と
いい感じになるのもお約束。

主人公の弟が死んじゃうのが
ちょっと気になる。
陽気に楽しめない部分。

レッドライン デラックス版 [DVD]レッドライン デラックス版 [DVD]
(2008/10/24)
ナディア・ビョーリン、ネイサン・フィリップス 他

商品詳細を見る

麦子さんと

親と子について
静かに描いた佳作。
堀北真希を観たい人に。


家を出ていった母親が帰ってきた。
そして、亡くなってしまう。
その母の納骨に故郷を訪れた女性の
心が次第にほどけていく姿を描いた物語。

母を余貴美子。
娘を堀北真希が演じる。
親子関係はなかなかに難しい。
素直になれない。
それぞれの問題がある。
そうしたことを考えさせてくれる
静かな映画だ。
堀北真希がいろいろがんばっている感じ。
兄役の松田龍平もいい。

ただし、故郷で出てくるのは
堀北真希と温水洋一と麻生祐未の3人だ。
その間で親子の問題が語られていく。


麦子さんと 特別版 [DVD]麦子さんと 特別版 [DVD]
(2014/09/03)
堀北真希、松田龍平 他

商品詳細を見る

WOWOW舞台『十三人の刺客』

期待が広がる前半。
悲しみに落ちる後半。


江戸時代。
将軍の弟である明石藩藩主・松平斉韶の
暴君ぶりは目に余った。
そこで、将軍家老中から暗殺の密名を受けた
御目付・島田新左衛門は同志を集める。
しかし、明石藩にはかつての友だった鬼頭半兵ヱがいた。

前半は松平斉韶の残虐ぶりが描かれ
高橋克典演じる島田新左衛門が同志を集める経緯が展開する。
サイボーグ009のメンバーが集ってくるような高揚感。
袴田吉彦の松平斉韶も憎たらしく、見事な敵役で後半へ期待が高まる。

そして、後半。
切り合いが続くが、こうした物語の常として
死ぬ人間が続出し、次第に悲しさが増してくる。
暗殺にせよ、何にせよ
人を討つことがゴールの物語は
爽快感は生まれてこない。
重いラストが少々辛かった。

舞台 十三人の刺客 [DVD]舞台 十三人の刺客 [DVD]
(2013/04/24)
高橋克典、坂口憲二 他

商品詳細を見る

ブギーナイツ

ポルノであることを
逆手に取った
ポルノ業界映画。


不思議な作品だ。
話はポルノ映画業界のお話。
あるレストランの裏方をしていた
若者がポルノ映画監督に目をつけられ
ポルノ映画主演デビュー。
曰く「股間には宝物が眠っている」。
全編おバカでエッチだけど
でも、エッチシーンがメインではない。
いわば、アメリカの古き良き青春映画の
ポルノ業界版。
ネットでの評価は高いけど
そんなに期待して見る映画ではない。
観るものないな、ちょっと観てみよう。
で、最後まで観ちゃう。
そんな映画。


ブギーナイツ [DVD]ブギーナイツ [DVD]
(2011/04/21)
マーク・ウォールバーグ、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る

億男

お金にまつわる物語。
今の僕にはフィットしなかった。


ベストセラー書。
つられて読んだ。

借金の連帯保証人になった男に
舞い込んだお金。
さて、男はどうなるのか?

というお話。

サクサク読めるのは
最近のベストセラーの通例。

お金と人生というテーマを描いているが
やはりというか、
本質的にお金のことを書いてはいない。
お金をモチーフにしただけで
描かれているのは
人生に大切なことは何か。

今、テレビでやっている
『銭の戦争』の方に
共感を覚えてしまう。
お金は必要。
お金は大切。
そこからどう立ち上がっていくか。
もっとドロドロした部分があると思う。

物語としてはよくできているが
お金の物語ではない。

億男億男
(2014/10/15)
川村 元気

商品詳細を見る
[ 2015/03/06 16:54 ] | TB(0) | CM(0)

風立ちぬ

今という時代の危機感。
それがどう描かれたのか。
どうも消化不良だ。


戦争はいけない。
わかっていながら
人類は戦争を止められない。
今、日本は危険なところにいる。
そう感じている宮崎監督が戦争をどう描くのか。
それに対する解答は僕は読み取れなかった。
風が吹いてる以上、生きる。
最低限の思い。
それ以上でも、以下でもない。
そのことの重さはわかるが……。
しかし、今、ゼロ戦の設計者を描くということは
やはり戦争について考えるということだ。
答えは忸怩たるものだった。

美しい飛行機を作りたいだけ。
結核に侵された彼女との刹那の恋愛と結婚。

その思いはわかる。
一井の人間として戦争に向かう時代にいたら
どういうことができるかはわらない。
しかし、しかし。
兵器を作ったということへの覚悟と思い。
それがこの映画からは読み取れない。

ナウシカからずいぶん遠くに来た。
宮崎監督も、観る側も。
そして、宮崎監督の長編引退。
それがこの映画。
そこは意味深だ。

風立ちぬ [DVD]風立ちぬ [DVD]
(2014/06/18)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る

エリジウム

何とも奇妙な映画だ。
マット・デイモンとSF。
ジョディ・フォスターの悪役。
そして、予想されたラスト。


すっと入ってきて
いつの間にか観終えた。
そんな映画。

SFだ。

近未来。
地球から離れたエリジウムという人工衛星は
選ばれた人々だけが暮らす楽園。
庶民たちは荒れ果てた地球に暮らす。

天国と地獄。
もしくは救済。
そんな宗教的なお膳立て。

マッチョなマットは
地球の工場でまじめに働いているが
事故から余命いくばくもなくなる。
エリジウムに行けば
人間を回復させるポッドがある。

そこから始まる冒険劇。

杜子春のように
上空の天国である
エリジウムへ向かうマット。

そして、救世主の役割を担い始める。

二分された世界があって
下層にいるものが
その構造を破壊する。
こうした仕立てのSF映画は
数多くある。
しかも、ハリウッド製が多い。
アメリカ人のメンタリティか?

もしくは天国はアメリカの暗喩?

エリジウム [DVD]エリジウム [DVD]
(2014/07/02)
マット・デイモン、ジョディ・フォスター 他

商品詳細を見る

WOWOWドラマ『翳りゆく夏』

20年前の新生児誘拐事件を
渡部篤郎演じる記者が追う。
次第に明らかになる夏の出来事。


WOWOWのドラマは
視聴率に左右されず
全編を終える。
ミステリーを中心とした原作物で
ストーリー構成が
しっかりとしている。
だからこその緊張感がいい。

左遷させられていた
新聞記者の渡部篤郎が
20年前の新生児誘拐事件を追いかける。
中心に渡部がいるから
ドラマがしまってくる。
ストーリが巧妙だから
ドキドキ感が増していく。

風俗嬢の前田敦子
大学生の門脇麦
新聞記者の元上司に時任三郎
その息子に菅田将暉と
新進気鋭と実力派のキャスティグが新鮮。

夏なのに次第に翳りゆく心。
原作の力が物語を引っ張った。

WOWOW海外ドラマ『ベイツ・モーテル』

サイコ前章。
可愛らしい少年に
狂気がのぞく。


連ドラは次が観たくなるかどうかがポイント。
サイコ前章をうたったこのドラマは
そうしたドキドキ感に満ちている。

モーテル経営をしようとする母親と
移り住んできた主人公。
しかし、その街は危険な臭いに満ちていた。
モーテルの前経営者がおしかけ
母親を襲うという展開から始まる。
この街ではだれもが怪しい。
問題を起こした兄もやってくる。
モーテル開業は遅々として進まず
事件は次々起きる。
これは次回を観たくなる。
最大の興味は主人公の少年が
どうしてサイコの犯罪者に
なってしまったかだったのだが
次第に次々起きる事件に心を掴まれて
観続けてしまう。
気が付けばシーズンは終わり。
まだまだ目が離せない。
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム