FC2ブログ

本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > アーカイブ - 2015年06月

新宿スワン

白鳥とはナイト。
綾野剛のナイトぶりを観る映画。
園子温監督にしてはおとなしいか。


綾野剛、山田孝之、沢尻エリカが主演。
そして、園子温監督作品。
舞台は歌舞伎町とくれば
ハードバイオレンスを期待する。
ちょっとラスト付近はおとなしいかなと感じた。

歌舞伎町を二分するホストグループの対決。
ヤクザも巻き込んでと、期待通りの展開なのだが。

白鳥はナイトの意味をもつ。
綾野剛のナイトぶりを楽しむ映画か。

園監督、もっと派手にやってくれよ。

IMG_1698.jpg

IMG_1696.jpg

映画 新宿スワン OFFICIAL BOOK
スポンサーサイト

キューティ・ブロンド

この映画は元祖ビリギャルだ。
底抜けのポジティブに元気になる。


アメリカではブロンドはチャラチャラしているシンボルらしい。
ハーバード大法科に進学する彼にフラれた高校生のヒロイン。
ブロンドをなびかせて、ハーバード大をめざす。
見事試験に合格して、大学で活躍するストーリー。
お金持ちの娘でおバカっぽく見られた彼女が
みるみる実力を発揮していく様が
明るくコメディアスに爆発する。
チャーミングでキュートで賢い。
そんなヒロインに元気をもらえた。
観直したが、これはまさに元祖ビリギャルだ。

キューティ・ブロンド

キューティ・ブロンド

2015年4月期地上波ドラマ

〇月 CX21時 ようこそ、わが家へ
コンテンツがないねえ。
相変わらずの池井戸潤原作ドラマ。
しかし、観ちゃうんだよね。
相葉君の家族に迫るストーカー被害と戦う物語。
犯人誰だか気になって最後までドキドキ。
連ドラの基本。

〇月 テレ東深夜 LOVE理論
テレ東深夜ドラマ枠。
片岡愛之助の金髪姿にビックリ。
深夜枠は相変わらず元気。
色気もありつつ
LOVE理論という恋愛成功術を毎回紹介。
おもしろく観た。

〇火 TBS22時 マザー・ゲーム
セレブが集まる幼稚園に
木村文乃演じるシングルマザーが入園し
巻き起こすドラマ。
意外にというと何だけど
女優陣の共演で最後まで楽しんだ。

〇火 TBS深夜 REPLAY & DESTROY
山田孝之の深夜ドラマ。
ハチャメチャで訳わからない爽快感。

〇木 テレ朝21時 アイムホーム
キムタク主演の記憶をなくした男の物語。
一話完結スタイルがはまらなかった。
疾走感がなくて、イマイチ。

〇金 TBS22時 アルジャーノンに花束を
野島伸司ワールドは好き。それは男性的らしい。
山下君が良かった。窪田君と工藤君も良かった。
ラストがイマイチ。

〇金 テレ東深夜 不便な便利屋
北海道オールロケによる
便利屋に舞い込んだ男のコメディ。
岡田君がハジケてて良かった。
どんなおバカなギャグやっても
北海道の自然と雪の美しさで成り立っちゃう。
ちょっとズルい。
ギャグ版『北の国から』。

〇土 CX深夜 She
『問題の多いレストラン』以来
松岡 茉優が気になってる。
で、観たドラマ。
学生モノはウーンて感じ。
ラストに行く前に落ちが見えちゃった。 

トータル・リコール

さすがの唸らされるアクション。
ディックの原作映画は世界観が深い。


映画としてはリメイクになる。
前作はシュワちゃんが主人公。
今回はコリン・ファレルとなって
より原作の雰囲気を出していると思う。

化学兵器による汚染後の地球。
富裕層と貧民層に分かれた人類。
貧民層は富裕層のエリアへ
地球のコアを通るエレベーターで通勤し
酷使されていた。
主人公のコリンはふとした思いつきで
人工記憶センター『リコール社』を訪れる。
見た夢はスパイ。
そこから知らない自分が立ち上がってくる。
人工記憶というシチュエーション。
コアを通るエレベーター。
希望のない主人公。
そして、当然始まるアクションシーンの連続。
都市の空中を縦横無尽に行き交う道路上を
浮遊して走る近未来カー。
そのカーチェイスアクションが特に秀逸。
息つかせぬアクションシーンの連続は
さすがのダイ・ハード4.0を撮った
レン・ワイズマン監督。
ディックの世界観に新たな疾走感を与えた。
それにしても、女って怖い。

トータル・リコール

バトルシップ

バトルシップとは戦うためのUFO。
その迫力になかなか楽しめた。


ハワイで演習中のアメリカ海兵隊が
バトルシップ(戦いに特化されたUFO)に遭遇。
アクションシーンに手に汗握る映画で楽しめた。
成功の秘訣の一つは人間物語。
ダメダメ男が海兵隊に入隊し、いろいろあって
艦船の指揮を執ることになる。
この変身ぶりがわかっていてもいい。
それを支える自衛隊指揮官に浅野忠信も味がある。
もう一つはバトルシップの迫力。
いろいろな形のバトルシップが出てきて
強すぎて、これは勝てないとまで思わせる。
宇宙人も奇妙でいい。

この2つがあって
ラストの勝ち方もちょっとウルッときて
楽しめるSFアクション映画になっている。

バトルシップ

バトルシップ

WOWOW海外ドラマ『ザ・ミッシング~消えた少年~』

避暑の途中に忽然と消えた少年。
謎を追って観続けてしまったドラマ。


久々に続きが観たくなるドラマだった。
フランスに避暑に来ていた英国人親子。
車の故障で偶然立ち寄った街。
プールサイドで忽然と姿を消した少年。
父と母は必死に探し求める。
警察の動き、イギリスから来た刑事のサポート。
マスコミの狂乱。
捜査線上に浮かぶ怪しい人物。
そして、事件は未解決のまま。
8年後、再び、その街を訪れた父の姿があった。
事件にかかわる人々のそれぞれの生き様も気になり
少年の行方にもちろん心を乱され
新たな糸口をつかんでは、次の謎が浮かんでくる
ミステリーとしての深みに惹かれた。

しかし、このドラマを観続けてしまったのは
その人間模様だ。
少年の父と母は事件がきっかけで離婚している。
父は少年を追い求めることにしか生きがいを見いだせなくなっている。
そして、その凶暴性も浮かび上がる。
容疑者の一人は少年愛の性癖に苦しんでいる。
父に助けの手を差し伸べた男には
何やら暗い影が。
こうしたさまざまな人間の変化と本性を
8年という時を行き来しながら描いていく。
ここにこのドラマの醍醐味がある。

シーズン2も用意されているという。
大いに期待したい。

ザ・ミッシング

トランスフォーマー/ロストエイジ

いつもロボットが隣にい続ける幸せ。
トランスフォーマーは
子ども心の映画だ。


トランスフォーマーは
子ども心の映画だ。
ロボット遊びをした大人のための
子ども映画だ。

毎回、手を変え、品を変え
しかし、そこで繰り広げられるのは
映画という大きな映像を使った子ども遊び。
車がロボットになる。
ロボットはいつも隣にいて
君の友だちであり続ける。

だから何回も撮られる。
何回も観てしまう。
お話も主人公も究極どうでもいい。
車がロボットに変わり
そのロボットたちが集まってきて
君とともに戦う。
その快感のためにある。

今回は恐竜をロボットにした。
何でもロボットになるって凄い。
トランスフォーマー/ロストエイジ

トランスフォーマー/ロストエイジ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

日本のライトノベルが原作。
トム・クルーズ主演のSFアクション。
ループの先にあるものは何か。


トムはエイリアンと戦う統合防衛軍の報道官を任務とする少佐。
突然ヨーロッパの最前線に送り込まれ
下士官扱い。
戦闘で死ぬのだが、なぜかある時点に戻っている。
SFの一つの手法であるループを使った
SFアクションもの。
死んでも死んでも何度も戻る。
そして、徐々にエイリアンを打ち負かす方策を探るのだが……。
ループものは同じシーンが繰り返されるので
飽きが来る。
そこを乗り越えてどうおもしろくするかがポイント。
なかなかテンポよく進んでいく。
しかし、クライマックスからの落ちが
少し腑に落ちなかった。
あとは設定も含めて少々わかりにくく
単調な部分もある。
鑑賞後の爽快感はもう一つだ。

もっと装置やエイリアンのスタイリングなど
ディテールを追求したら
充実したものになっただろう。
日本のアニメ監督たちや
世界のSF監督たちがもつ
ディテールへのこだわりが欲しかった。

より良いアクション映画ではある。
しかし、より良いSF映画にはなっていなかった。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル

なくもんか

阿部サダヲ×クドカン。
安定のクドカンワールド。
役者人も豪華。
よくよく考えると
詰めが甘い点も多いが……。


ずっと笑顔をたやさない
人のいいハムカツ屋の店主が阿部サダヲ。
子どものころに引き取られた
赤の他人のオヤジさんの跡を継いで
その人の良さでハムカツ屋を繁盛店に。
そこに出戻りのハムカツ店の娘に竹内結子。
会ったことのない弟に栄太。
さらに栄太の漫才の相方が塚本高史。
他にも役者人が多彩。
その中で阿部がフルパワーで走りまくる。
夫婦になる竹内結子もコメディエンヌとしていい味。
栄太は栄太らしく、いい味。
で、物語はさまざまな事件を織り交ぜつつ
ラストの沖縄へと進む。
いろいろと冷静に考えると突っ込みどころ満載なんだけど。
何だか、それも許せちゃうのは
山ちゃんという阿部のキャラクターが素晴らしいせいだ。
疾走感が半端ないホロッとさせるコメディ。

なくもんか

なくもんか
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム