FC2ブログ

本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > アーカイブ - 2018年12月

SONGSスペシャル 宇多田ヒカル(NHK)

孤独の歌姫。

宇多田ヒカルに惹かれるのは、孤独の歌姫だから。
本人が孤独を語っていたのは印象的。
父と母が最初の他者であり、今も一番の他者。
だから、母への思いをストレートに歌った
「花束を君に」に涙する。
スポンサーサイト

ハワイオープン(WOWOW)

エキシビの伸び伸び錦織は
やっぱ凄い!

決勝戦はvsラオニッチ。
2人ともいいショット伸び伸び応酬。
エキシビだと、本当にトップは伸び伸び。
調子いいラオニッチを
さらに調子いい錦織が撃破。

わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた(BSフジ)

クリスマスのラブストーリーは王道!

多部未華子と高橋一生の
ソフト制作会社を舞台にしたラブコディー。
クリスマス
女心をわからない社長
恋愛ゲームのライター。
今風の要素を盛り込んだ
でも、王道を外さないラブコメディー。
いつもながら、多部ちゃんは
期待より、ちょっと可愛い。

あなたには渡さない(テレビ朝日)

ドロドロ系✕
水商売サクセスストーリー。

老舗料亭に嫁いだ木村佳乃が
夫の不倫で愛人と対決。
自ら料亭を立ち上げ、
飲食の世界で成り上がっていく話がクロスする。
何かあちこち行っておもしろかったけど、
登場人物の心理はようわからん。

出川・爆笑田中・岡村のスモール3(フジテレビ)

さまあ〜ずのJK・TV(フジテレビ)

世代論は類型に陥りやすい。

JKの正解 vs 大人の正解。
JKの生態バラエティーだね。
うなずく意見もあるけど、
違うタイプのJKもいると思うし。
ちょっと偏りを感じられる。

犬も食わない X’masSP(日本テレビ)

この番組好き!

ブラックなミトちゃんがいい。
それを引き出しているのが、若林。
シーズン2に期待!

チコちゃんに叱られる1222(NHK)

・女性のキャー
・ブルーハワイ味
・サバを読む
・学校のチャイム

プリティーが多すぎる(日本テレビ)

業界もの×恋愛コメディに◯。

千葉雄大と佐津川愛美に
惹かれて見始めたが、
おもしろかった。

原宿にある読者モデル中心の
ファッション誌pipin編集部に飛ばされた
文芸編集者の千葉雄大。
そこにいる気の強い編集者が佐津川愛美。

pipin編集者としての千葉の成長と
2人の軽いラブストーリー。

笑いありで微笑ましく見られた。

手紙(テレビ東京)

加害者家族の苦しみとは?


重いテーマを手紙をモチーフに
サスペンス色あふれる展開で
最後まで見せた。
ラストの歌はもうひとつ。

大恋愛〜僕を忘れる君と(TBS)

定番にムロの変化球。

記憶を失っていく女医と
売れない小説家のラブストーリー。
定番のともすれば重く
感涙ものになってしまうドラマを
コミカルで切ないけれど
前を向いた恋愛ものに変えたのは
ムロツヨシの起用だった。
キャスティングの勝利。
毎回見たくなり、
そして、毎回涙した。
戸田恵梨香も新境地。

獣になれない私たち(日本テレビ)

変われない主人公たちは
ドラマになるか?

パワハラ上司、元カノを追い出せない彼氏。
新垣結衣の問題だ。
仕方なく不正に手を染め続けている税理士。
松田龍平の問題だ。
そして、彼らはビールバーで出会う。
気が合うような、合わないような。
そして、2人の問題も、2人の関係も進まない。
変わらないからだ。

変わらない主人公は、ドラマになるのだろうか?
動かない葛藤はドラマになるのだろうか?

問題は変わらないと、問題の重さが薄れていく。
だから、ドラマが希薄になっていく。

つまり。
内面の葛藤も描かれていないし、
あるいは描かれていないように見えるし。

そして、最終回のカタルシスもない。

つまり。動かないドラマは
ドラマでなかったのだ。

ハード・コア

はみ出し者のバラードが低く流れる。

社会ははみ出し者たちを生み出す。
技術はロボットを生み出す。
社会不適合の兄のもとに集う
寡黙な男とロボット。
奇妙な3人組に社会適合者の弟が絡むとき、
物語は化学変化を起こす。
ドライブ感が生まれる。
結末を求めて、心は動く。
セックス、暴力、埋蔵金。
これは薄汚れた現代の、
少し変なおとぎ話だ。
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム