FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ブリッジ・オブ・スパイ/スティーブン・スピルバーグ

ブリッジ・オブ・スパイ/スティーブン・スピルバーグ

スパイは交換できるか?
迫真の物語。

訳せば、スパイの橋。
冷戦時代、スパイの交換に尽力した
弁護士のストーリー。
何となく見始めて、最後まで見てしまった。
スピルバーグのエンターティメント力と
トム・ハンクスの存在感がいい。

冷戦時代、
アメリカでソ連のスパイが逮捕された。
そのスパイの弁護士を引き受けたトム・ハンクス。
彼の死刑を免れたトムの力。
スパイの老紳士とトムは
いつか心通わせるようになっていく。

そして。
物語は、東西の壁がまさに作られようとしている
ベルリンで第2章に突入する。
トムが弁護したスパイと
米国軍人、米国人大学生の交換が画策され
トムがその立会人となる。

東西ベルリンを舞台に
繰り広げられる駆け引き。
トムは粘り腰を見せ、
遂には東西ベルリンを結ぶ橋で
スパイの交換となったのだが……。

どうなるのか、息を呑む展開で
最後まで見てしまった。
優れた脚本と
それを体現したトムの存在感があって
生まれた佳作だ。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム