FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)

スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)

謎に満ちた
アメリカの罪の物語。


観終わった後に
疑問がたくさん残る映画。
その謎を考えていくことで
監督の罠にはまっていく。

原題は、Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
「ミズーリ州エビングのはずれに立てられた3枚の立て看板」
という意味。

アメリカ南部の田舎町。
娘がレイプされ殺された母親。
彼女は車もあまり通らない
道路沿いの3つの看板を借りて
真っ赤なバックに文字だけの広告を出す。

冒頭、この順番で映される。

HOW COME, CHIEF WILLOUGHBY?
(どうして、ウィロビー署長?)

AND STIL NO ARRESTS?
(逮捕はまだ?)

RAPED WHILE DYING
(レイプされて殺された)

主人公のランボーを思させるファッションの母親。
善良に見える所長。
その部下で暴言を吐きまくる警官。
母親に看板を貸した広告代理店の若い社長。
南部の癖あり人物が続々登場し
汚い言葉を吐きまくり、
犯人は見つからないまま物語は進む。
署長の自殺から物語は急転し
ラストは母親と警官が車で
真犯人と思われる人物を追いかけるところで終わる。

随所にキリスト教を思わせる隠喩が散りばめられ
罪と許しの物語であることを示唆する。

そして、真犯人は提示されないまま終わる。

ネットでの評論は概ね
登場人物たちの多彩なキャラクターに言及したもの
キリスト教との関連を示唆したもの
そして、異質なのは実は冒頭に犯人が提示されているというもの。

多彩な読み方が語られるほどに、監督の罠にはまっていく。

『ツインピークス』を彷彿とさせる設定。
もちろん、監督はそんなことは織り込み済みで
だからこそ、確信犯に思える。

冒頭に犯人が提示されている。
そして、それを知らずに警官と母親は旅立つラストという読み方に
一番興味を惹かれた。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム