FC2ブログ

永遠の出口 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > 永遠の出口

永遠の出口

小学3年から高校3年まで。
一人の少女の姿を
9つのエピソードで綴る物語。
作者は直木賞作家の森絵都。
児童文学からスタートした作者が
初めて大人向けに書いたストーリー。
それぞれに引き込まれるエピソードが
紡がれていて
作者の並々ならぬエンターテイメント力に
感心させられる。
中でもクラスの人気者の女の子との
誕生会を巡る気まずい感じのエピソード。
高校のバイト先でのドラマが
あるあると共感させられながら
その見事な語り口で結末まで一気に読まされた。
主人公の紀子には、チビまるこちゃんやサザエさんに通じる
感覚がある。
それは普通ということ。
普通とは何か? それはジタバタすることだ。
何かあると慌てて、ジタバタして、あせって
その中で、時々、いつもはそんなに出ていない自分らしさが顔を見せる。
その絶妙な感じが、あるあると共感を呼ぶ。
永遠の出口 (集英社文庫(日本))永遠の出口 (集英社文庫(日本))
(2006/02/17)
森 絵都

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2009/08/12 10:11 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム