FC2ブログ

君たちに明日はない 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > 君たちに明日はない

君たちに明日はない

1月5日分。
山本周五郎賞受賞。
主人公の村上真介はリストラ請負会社に勤務。
アウトソーシングされた会社に出向き
社員と面談して人を切る。
何だかギスギスした物語に見えるが
そこに生まれる人間模様が妙に読ませる。
真介はリストラ候補の人々の背景を
しっかりと調べる。
できる限りのことをして
そして面談に立ち向かう。
こうしたまっすぐな姿勢。
また面談で出会った陽子の
口説き方も面白い。
いきなりキスをする。
ロックコンサートに誘う。
ジャニ系のやや軽薄なルックスの真介。
しかし、芯はしっかりしている。
そして登場するリストラ対象者の人間造詣もうまい。
最後まで読ませる小説だ。
作者はこう書く。
「決定的な危機に出会って、
自意識のフレームが変容する瞬間を描いてきた」
この物語でもリストラという決定的な危機に出会い
登場人物たちは自意識が変容する。
そこが読みどころなのだ。
君たちに明日はない (新潮文庫)君たちに明日はない (新潮文庫)
(2007/09/28)
垣根 涼介

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[ 2010/01/06 09:27 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム