FC2ブログ

いけちゃんとぼく 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

いけちゃんとぼく

2月7日分。
西原理恵子原作の映画。
いけちゃんはぼくのそばにいるお化け。
冒頭から昭和30年代と思しき田舎の風景が出てきて
世代的にそのころドンピシャ子どもの僕は
そこだけで懐かしくなっちゃう。
何か自然しかない場所って
懐かしさをそそられる。
ぼくは小学生4年くらいかな。
悪ガキ2人にいつもなぐられてる。
でも、負けたくない。
つっぱっている。
大好きな女子高生と朝に会うのが楽しみ。
ほかにもいろいろと友だちが出てくる。
そして、いつも近くにいて
話相手のお化けのいけちゃん。
ぼくの父親は飲んだくれで
ドブにはまって死ぬ。
この父親が死んだドブと
愛人を見に2つ隣町まで出かける。
そこで出会った不良たちが
なぜかぼくの町の広場に現れる。
そこで野球対決となる。
この不良たちとの対決の行方。
そしていけちゃんの正体が
後半の焦点となる。
そして、野球対決の結果
新しい関係が築かれることになるのだが
そして、いけちゃんの正体は。
西原の毒の部分とリリカルな部分の
奇妙なミックスが
あんまりうまく行っていなかった
気もするが。
ぼくが憧れる清純そうな女子高生が
突然派手派手に変身するのに
驚かされる。
少年の成長物語。
そこにいけちゃんがかかわることによって
重層的な情緒が生まれている。
いけちゃんとぼく [DVD]いけちゃんとぼく [DVD]
(2009/12/04)
蒼井 優深澤 嵐

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム