FC2ブログ

告白 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > 告白

告白

4月25日分。
2009年本屋大賞第1位。
ミステリー。
昨年さんざん本屋の店頭で見た1冊。
本書は全部で6章。
そのすべてが誰かの一人称で書かれている。
そして章を追うごとに語り手が変わっていく。
当然視点も変わっていく。
事件はある女性教師の娘がプールで水死した事件。
これは事故ではなく、事件だった。
犯人はこの先生のクラスにいる。
といって犯人探しのミステリーではないところが秀逸。
一人称で語り継がれる
それぞれの心の闇。
この原作を映画化した監督が
「一人称でしゃべりっぱなし。
誰ともコミュニケーションしていない怖さを感じた」
と語っている。
ミステリーとは突きつめるところ、怖さ。
殺人が怖いのか、人の心の闇が怖いのか
他人とコミュニケーションできない現代が
一番怖いのかもしれない。
そして、物語は親子という縦糸を
描きつつ、最後に強烈なしっぺ返しを用意する。
これは教師か?
まさしく現代のディスコミュニケーションに切り込む
教師なのかもしれない。
教師もストレスをため込んでいることが
うかがいしれる現代。
みんなドカーンッと爆発しちゃう可能性がある。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2010/06/22 17:44 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム