FC2ブログ

虚栄のかがり火 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

虚栄のかがり火

5月10日分。
冒頭、飲んだくれのブルース・ウィルスが
何だか著作で成功したとかで
講演へ向かうシーンがダイナミックに続く。
引き込まれる。
両手にグラスとウイスキー。
ホテルに入ってからは
ボーイのトレーの上のマティニを取ったりと
ともかく流れるように会場へ。
そこで多くの聴衆の前に立つブルース。
その著作のネタが
敏腕トレーダーのトム・クルーズの事件だった。
トムはメラニー・グリフィス演じる人妻マリアと
逢瀬を楽しんでいたが
ベンツで治安の悪いブロンクスに迷い込んだ。
迫ってきた黒人少年を
メラニー・グリフィスの運転でひいてしまう。
その場を逃げ去った二人だったが
トムに警察が迫り、収監される。
舞台は法廷となる。
トムが運転していたと偽証するメラニー。
しかし、トムとメラニーの会話を録音していた
テープを入手したトムは
そのテープを法廷で流し
無罪を勝ち取る。
けっこう法廷シーンが自由気まま。
こんな裁判はないよなって感じ。
ウィリスが干されていた状況から成功へ。
成功していたトムが
裁判で妻も仕事も失い
しかし、無罪を勝ち取って
どこかへ消えていく。
アメリカはニューヨークで
成功のかがり火が次々と移り変わっていく様を
風刺的に描いた映画。
祭りの喧騒感にも似て
人々は炎に群がる夏の虫のように
その炎に飛び込んでいく。
24時間起きている街で
わくわくするような浮遊感。
それが幸せなのか、それとも……。
“虚栄”とは一瞬の輝きしか放たない。
しかし、身を焦がすような快感がそこにはある。
それをウィルスとトムの対比で描く。

虚栄のかがり火 [DVD]虚栄のかがり火 [DVD]
(2000/08/25)
トム・ハンクス

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム