FC2ブログ

紅の豚 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

紅の豚

5月20日分。
宮崎駿の個人的趣味をアニメにしたとか。
誰かがベストオブジブリにしていたのを聞いて再鑑賞。
なぜか豚の主人公の飛行機乗りは、空賊と戦う賞金稼ぎ。
孤島で一人で暮らす。
なぜ豚なのか?
後半にその訳が明かされるがそんなことはどうでもいい。
豚が空を飛ぶ。そして、周辺の人間たちと違和感なく存在している。
その異化効果が物語をアニメとして存在させている。
これが人間だったら、ちょっとかっこよすぎて鼻につく。
だから、豚。そこから生まれる違和感。
このエリアには飛行機乗りが空賊も含めて通うショーパブが。
その女主人は何か豚と訳あり。
そして、豚は戦闘で損傷した飛行機を修理に街へ。
そこで修理工場の孫娘と出会う。
宮崎得意の美少女登場。
そして、この美少女が飛行機のレストアを担当。
その仕上がりを見たいと島まで着いてくる。
ラストの盛り上がりは1対1の対決。
最後には飛行機を降りて殴り合いになる。
何とか豚の勝利。
豚は少女とも女主人とも別れていく。
戦争時への思いが見え隠れする宮崎アニメ。
戦争で男がいない修理工場では
女たちが大活躍する。
一方男たちはと言えば、空軍と空賊。
いつの世も男たちは戦いを好むバカな生き物である。
あ~あ。

紅の豚 [VHS]紅の豚 [VHS]
(1999/04/23)
宮崎駿

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム