FC2ブログ

コンドル 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

コンドル

6月28日分。
アメリカ文学史協会。
このネーミングがいいね。
ここがCIAの下部組織とは!
で、ノンビリしたムードの職場風景。
自由な感じのロバート・レッドフォードが
ランチを買いに行っ間に
全員が殺される。
一転、ハードな展開に。
なぜ?
そして、さらに執拗に狙われるレッドフォード。
ちなみにコンドルはレッドフォードのコードネーム。
レッドフォードが動きまわり、逃げ回り
次第に事件の真相が明らかに。
内部告発するレッドフォードの報告書が
内部ある人間を刺激したのだ。
途中出会ったフェイ・ダナウェイの家に
無理やり入り込む。
どうやら彼女は写真家のよう。
で、その彼女といい関係になり
協力しちゃう辺りがちょっとフワフワした感じ。
暗殺者のメガネとヒゲの男が
紳士風なところが逆に怖い。
最後に事件の黒幕の家に入り込むが
その暗殺者にピストルを突きつけられる。
絶体絶命と思ったら、
その暗殺者が逆に事件の黒幕を殺す。
そして、レッドフォードはそのまま。
この辺も怖いような、肩すかしのような。
最後はレッドフォードが
その事件を新聞社に告発し
どこかへ去っていくという展開。
スパイ映画として、今観るとちょっと地味。

コンドル 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]コンドル 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]
(2010/05/12)
ロバート・レッドフォードクリフ・ロバートソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム