FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > X-MEN:ファイナルディシジョン

X-MEN:ファイナルディシジョン

7月21日分。
監督交代劇などいろいろあったXMANの最終作。
この物語の一つのテーマは
ミュータントという他者と違う特殊能力は
治癒すべき病気なのかということ。
これは日本では筒井康隆が
七瀬シリーズで深めていったテーマでもある。
もう一つのテーマはアクションの快楽。
そして、どちらかというと後者にウエイトが置かれ
ファンたちからは賛否両論が湧きおこる1本となっている。
物語はキュアというミュータントを治療する薬が
開発されたことから始まる。
この薬の使用をめぐってミュータントの一方のリーダーである
イアン・マッケラン演じるマグニートーが人間との戦いを始める。
そこに最高級のパワーで復活した
ファムケ・ヤンセン演じるジーン・グレイが加わる。
金門橋を動かして島とつなげ、その収容所に乗り込むシーンは圧巻。
それを止めようとするのがヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンと
ハル・ベリー演じるストームとその仲間たち。
そして、ラストはヒューがファムケに近づき殺すことで
その暴走を止める。
ミュータントはそれぞれ超能力が異なり
異形の者もあって
なかなか感情移入しにくい部分もある。
神々の戦いというような見方もできるかな。
そして、スピンオフ映画も続き
さらにラストでは死んだ者たちの復活も予感させる。

X-MEN:ファイナルディシジョン [DVD]X-MEN:ファイナルディシジョン [DVD]
(2007/01/06)
ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム