FC2ブログ

アイランド 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

アイランド

7月22日分。
SFアクションムービー。
全体的にまっ白で閉鎖的で空がない
管理された世界に生きるユアン・マクレガー。
核戦争後のシェルターをイメージさせる。
そこで彼らは楽園への移住権を夢として
日々単調な労働と味気ない食事を与えられながら生きている。
彼は偶然出会ったスカーレット・ヨハンソンに思いを寄せ始める。
そして、実は彼らは臓器を採られるためのクローンだった。
この辺の展開はSFとしてはよくありながら
やっぱり自分が実は人間でなかったらという恐怖は
観る側にとってコペルニクス的転回だと思う。
ところがマイケル・ベイ監督は
それだけでは物足りないのか持たないのか
脱出しての逃亡アクションムービーを後半に持ってきた。
クローンの秘密に気づき
スカーレットを連れて脱出するユアン。
近未来でのエアーバイクでの逃亡劇は
爽快感があり、観ていて楽しい。
そして、彼はクローン発注主である
自分と瓜二つの人物に出会う。
ユアンはもう一人のユアンと戦い
クローンが勝ち、人間のユアンは死ぬ。
そして、クローンのユアンは
他のクローンたちをを救い出すべく
元いたクローンゾーンへと戻る。
ラストはクローンたちが勝利し
次々と人間社会へと脱出していくシーンで終わる。
立場を変えて人間社会の目から観たら
このラストは怖い感じがする。
例えばクローンと人間、両方の視点から描けば
また新しいSFになったと思う。
それはともあれ、クローンというテーマの持つ深さが
後半すっとんでいるのが
どうもなあという印象。
スカーレットの美しさや妖艶さも
あまり生きていないのも残念だ。

アイランド [DVD]アイランド [DVD]
(2005/11/25)
ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム