FC2ブログ

Dr.Tと女たち 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

Dr.Tと女たち

7月24日分。
ロバート・アルトマン監督映画。
主人公はリチャード・ギア演じる産婦人科医。
周囲を固める女優は
ファラ・フォーセット、ヘレン・ハント、
ケイト・ハドソン、ローラ・ダーン、
リヴ・タイラーとビッグネームばかり。
妻のファラは精神を病み病院へ。
ゴルフコーチのヘレンとは恋愛関係だが
ラスト近くに一緒にどこかへ
逃避行をしようと誘うが断られる。。
娘のケイト・ハドソンは
結婚直前なのに
リヴ・タイラーとの
レズビアン関係を吹っ切れない。
さらに産婦人科医の待合室には
勇敢マダムがごったがえし、
アシスタントの女性には迫られる。
一見男にとって女性に囲まれた天国のような状況だが
問題は山積みとなっていく。
映画もゴタゴタと会話や騒動にあふれ
整理されないまま進んでいく。
そして、ラストで
リチャードは車と一緒に竜巻で飛ばされ
メキシコでお産に立ち会うシーンで終わる。
ロバート・アルトマンは最近では珍しくなった
作家性の強い監督だ。
アルトマン監督が撮れば
インディ・ジョーンズも
もっとゴタゴタと些細な人生の悩みにつきまとわれる
男になったに違いない。
何を撮ってもアルトマン印が押される。
この映画でも、女性に囲まれ、裕福で
一見何の問題もないようなリチャードに
次々と小骨が刺さるように問題が起こる。
人生とはいつもどこか切ない。
そう感じさせる瞬間がある映画だ。
そして人生の退屈さも味あわせてくれる。
ラストの唐突な竜巻による異国への旅立ちは
せめてものシネマ的スペクタクルと
ドラマを提供したアルトマン監督の
サービス精神か。
しかし、そこでも女に囲まれるリチャード。
いやはや、人生はいつまで経っても
小骨のような悩みは尽きない。
色男で、金持ちであっても。
しかも、退屈さを伴って。
この人生の退屈さこそが
アルトマン監督なのだ。

Dr.Tと女たち ~スペシャル・エディション~ [DVD]Dr.Tと女たち ~スペシャル・エディション~ [DVD]
(2003/11/27)
リチャード・ギア、ヘレン・ハント 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム