FC2ブログ

わが街 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

わが街

7月30日分。
群衆劇ムービー。
舞台は荒れるロスアンジェルス。
弁護士のケヴィン・クラインは老いの悩みを抱える。
ある日黒人地区で車が故障し
黒人少年たちにからませるが
ちょうど到着したレッカーの
黒人のダニー・グローヴァーに助けられる。
ケヴィンの妻アリー・マクドネルは
ジョギングの最中に赤ん坊を拾い
自宅で面倒をみる。
ケヴィンに言われて警察に赤ん坊を届けたアリーだったが
その子を引き取ることを強く望むようになる。
ケヴィンはダニーにお礼を言いに行き
グランド・キャニオンを見ることをすすめられる。
ケヴィンはダニーに何かお礼をしたくて
秘書の女友だちを紹介したり
息子が不良とつきあっているダニーの妹に
安全な地域のアパートを紹介したりする。
そして、ラスト。
ケヴィンとダニーの家族が連れだって
グランドキャニオンを観るところで終わる。
街の荒廃、老い、そして、新たな自分探し。
こうしたテーマが声高でなく
静かに語られる群衆ドラマだ。
こうした映画は基本性善説に立っているので
ヒューマニズムを良しとする人には共感され
性悪説の人にはそんなはずないじゃんと甘さを指摘される。
僕は個人的には西原理恵子の人間の捉え方に共感する。
「人間の性格はきれいな球。嫌なところがないと
 いいところは出てこない」
そういった意味ではこの映画は
ちょっといいところばかり出てきて
嫌なところが少ないので
本当かよって思っちゃう。
もっとドロドロとした部分がないと
いいところが納得できない。
それにおもしろくないとね。
映画だからね。
そういう意味では
少し退屈な映画。

わが街 [DVD]わが街 [DVD]
(2004/08/02)
ケビン・クライン、ダニー・グローバー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム