FC2ブログ

ターミナル・ベロシティ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ターミナル・ベロシティ

ターミナル・ベロシティ

8月1日分。
スカイアクションムービー。
チャーリー・シーンはスカイダイビングのインストラクター。
そこにやってきたのが美女のナスターシャ・キンスキー。
訓練中にナスターシャはパラシュートが開かず
地面に激突して死んでしまう。
殺人容疑をかけられるチャーリー。
ナスターシャのアパートメントを訪れ
疑惑解明のカギを探すチャーリー。
そこにはダイビング姿でほほ笑むナスターシャの写真が。
ナスターシャが未経験でないことに疑問を覚えたチャーリー。
暴漢に襲われ、何とか戻ったチャーリーは
訓練中のビデオテープを見ていて
上空にもう1台のセスナを発見する。
そのセスナを見つけ追いかけ、
ナスターシャが生きていることを発見する。
実はナスターシャはCIAの工作員である事件を追っていた。
二人で事件を追求することになり
ある工場に潜入し、映像の入ったDVDを発見し
また敵の攻撃を受ける。
実はCIAではなく、元KGBで
ロシア・マフィアの金塊を追っているという。
敵はそのロシア・マフィア。
そして金塊はさびれた空港の飛行機の中にあった。
仲良くなったり、疑ったりの二人。
ナスターシャは一人で敵に向かうが拉致され
車のトランクに詰められ、その車ごと飛行機へ。
その飛行機に飛び乗ったチャーリーは
大空から車もろとも落下しながら
敵をやっつけ、トランクを開けて
ナスターシャを助けて、
間一髪パラシュートを開いて助かる。
敵のボスは助かり、地上でまたまた戦いを挑むが
チャーリーが勝利して
最後はロシアでメダルをもらっておしまい。
あらすじ書いてて疲れました。
何より空でのアクションが見どころ。
クライマックスの車ごと落下しながらの
シーンは確かに手に汗握った。
しかし、そこへいくまでの地上の戦いが
どうかな?って感じ。
ナスターシャがスパイってどうもはまってないし
チャーリーもちょっと太っちゃったね。
またストーリーのご都合主義がちょっと目につく。
もう少し本を練って、上空でのシーンを中心に
もっとスカイアクションに特化したら
もっとすばらしい作品になったと思う。
主演二人ががんばっただろうに
イマイチな部分が目につく。

ターミナル・ベロシティ [DVD]ターミナル・ベロシティ [DVD]
(2004/04/23)
チャーリー・シーン、ナスターシャ・キンスキー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム