FC2ブログ

キャッチボール屋 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

キャッチボール屋

8月8日分。
日本映画だなと思わせる作品。
主演・大森南朋。
10分100円のキャッチボール屋。
それが大森。それも自ら選んだわけでもないのに
いつのまにか引き受けている。
ゆるりと特に大きな事件もなく。
公園で何となく引き受けたキャッチボール屋を続ける大森。
常連さんたちがふらふらとやってきてはキャッチボールをしていく。
それぞれに過去に後悔があって、それを埋めようとするように。
でも、ゆるい感じだから、ほとんど事件は進行しない。
ファンタジーのような競争心のないあくせくしない日常。
そこに憧れる僕たち。
最後に常連さん2人が実は高校野球時代の後悔を引きずっていて
その対決がクライマックス。
そして、それぞれが新しい日常へ戻っていく。
公園のような。一息入れに来たような。
休みに来たような。そんな映画。

キャッチボール屋 [DVD]キャッチボール屋 [DVD]
(2007/05/25)
大森南朋、キタキマユ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム