FC2ブログ

スリーザー 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

スリーザー

ホラーの本質とは何か。
ひとつは、“蛇”など
気味悪い生物の怖さ。
ひとつは、隣人が
異邦人となる怖さ。
そのふたつがうまく
ミックスされたSFホラーだ。


80年代のホラーものへのオマージュに
満ちているこの映画。
襲ってくるのは
宇宙から隕石とともに飛来した
ナメクジに似た異生物。
それが人間に寄生すると人格が変わり
ほかの人間に襲いかかる。
口からドロドロしたものを吐き
次々と味方を増やそうとする。
寄生された人間が膨れていくのは
ちょっとコメディチックでもある。

舞台がアメリカの田舎町なのもいい。
保安官が登場して異生物と戦う。
最新兵器などは登場せず
銃でドンパチ。
熊狩りと一緒。
このアナログ感がいい。

美女のバスタブに
異生物が侵入していくシーンは
お約束のパターン。
男性諸君の支持率アップか。

そして、映画は結末の朝を迎える。
人間の勝利が太陽とともに上る。

もう一つ怖いものがあった。
それは夜の闇だ。

人はその遺伝子に
人類の怖さの歴史を刻まれている。
だから、ホラーはいつまでも
作られ続けるのだろう。


そして、本当は
人間の心が一番怖いのかもしれない。
その人間の怖さがこの映画には見事にないから
へヴィにならずに
安心して怖がることができるのかもしれない。


スリザー プレミアム・エディション [DVD]スリザー プレミアム・エディション [DVD]
(2008/04/25)
タニア・ソルニア、グレッグ・ヘンリー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム