FC2ブログ

ゼロの焦点 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ゼロの焦点

戦後とは何か?
あの終りは
私たちが生きている時代の始まり。
あのときに現代日本は始まった。


松本清張のミステリー映画。
広末涼子、 中谷美紀、木村多江
3人の女優の競演が話題になったが
戦後に生きた3人それぞれの女性の生き方に
今の我々の時代に続く
戦後=現代の始まりを見て
いろいろと考えさせられる映画だった。

松本清張は社会派サスペンスといわれている。
今、松本清張の映画を見る意味は
その時代背景が今の私たちの現実を
生みだした契機、その歪みを
映し出しているからだ。

広末涼子は新婚の妻。
結婚して7日目に金沢に行った夫が
忽然と消息を絶つ。
金沢に出向き
夫の行方を捜す妻。
彼女は夫の過去を何も知らないことに
次第に不安と恐怖を抱きだす。

そこで出会ったのが
お得意先の社長夫人の中谷美紀。
さらにその会社の受付嬢の木村多江。

実はその二人は夫である西島秀俊と
浅からぬ因縁があった。

そして、夫の兄も
会社の後輩も
不可解な死を遂げていく。

その背後には
戦後混乱期の
二人の女と夫の
ある出会いと別れ。
そして、会ってはならない金沢での再会があった。

ゼロの焦点の意味。
それは、会ってはいけない人たちの交錯。
そして、光を発しない場所で
輝こうとした人々の瓦解する前の輝き。

ここで描かれるのが戦後の動乱期に
必死に生きた負の歴史。
その歴史に封印をしようと
さらに新たな時代を創り出そうと
社長夫人の中谷美紀は
女性の市長誕生を応援する。

そして、誕生の記者会見の会場で
中谷美紀と広末涼子の戦いが始まる。

果たして、日本はどんな過去を封印して
現代の繁栄をもたらしたのか。

今回の大震災が図らずもあらわにした
原発への依存。
それは戦後日本が築いてきた繁栄の
骨格をあからさまにした。

その発端に松本清張が描く
戦後の人々の生きざまがある。

私たち一人ひとりが
今、生きるということを
戦後という原点から
見つめ直すことに直面している。

今という時代を
この困難な時代と
この困難な状況を生きながら。


ゼロの焦点(2枚組) [DVD]ゼロの焦点(2枚組) [DVD]
(2010/06/18)
広末涼子、中谷美紀 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム