FC2ブログ

ブロンコ・ビリー 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ブロンコ・ビリー

クリント・イーストウッドが一貫して
描いてきたのは、時代とそぐわない男。
だからこそ、見えてくるものがある。


自ら主演を務めるイーストウッド。
この映画の主人公は西部劇ウエスタンショーを率いる
団長であるブロンコビリ―。
西部一のガンマンを称し
仲間たちと一緒に地方を回る。
仲間思い、頑固、熱さ。
古き良き男のビリーだが
ふとしたきっかけで大金持ちの令嬢を
一座に加えることになる。

ビリー一座のテントが火事で燃えて全焼したり
さまざまなアクシデントにみまわれたりするが
ビリーの生き様は変わらない。
その頑固さにいつしか
お金持ちの令嬢も惹かれていく。

イーストウッドが描くのはいつも
自分の生き方を曲げない少し古い男たち。
この映画の主人公のビリーもそうだ。

そして、CGでは描けない
人間のおもしろさを観る楽しみを
存分に盛り込む。
西部劇ショーの手作り感
地方を転々と放浪する生活の自由さと不自由さ
舞台裏を覗く興味
絶妙な人物配置による
興味津津の展開。
いつしか画面に引き込まれていく覗き小屋の魅力が
イーストウッドの映画にはある。

映画が本来持つ猥雑さと人情味
奇妙なものを見られる楽しみ
そこに頑固な男のドラマを盛り込んでいく。

時代はどう変わろうと
変わらない生き方がある。
変わらない人々の営みがある。
そこに観る者は
好奇心をかきたてられる。

話上手なおじさんの天衣無縫なほら話。
そこにはいつもいくばくかの
真実がある。


ブロンコ・ビリー [DVD]ブロンコ・ビリー [DVD]
(2001/11/23)
クリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム