FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > センチメンタル・アドベンチャー

センチメンタル・アドベンチャー

クリント・イーストウッドは
原アメリカ人を次々と
描こうとしているように
思えてならない。


原アメリカ人とは
もちろん世界を相手にする
ニューヨーカーではなく
開拓者魂を原点とする
南部アメリカ人を中心とした
あくの強い、自分をもった
大地と現実を生きる男たちのことだ。

この物語では
成功を夢見る年老いたカントリー歌手を
イーストウッドが演じている。
共演に息子が出て
甥としていっしょに旅するロードムービーだ。

イーストウッドは肺結核を病んでいて
ナッシュビルにあるカントリー・ミュージックの殿堂
グランド・オール・オープリーでのオーデションに
こぎつけるが咳が止まらなくなり落ちてしまう。

しかし、最後にレコード会社に認められ
レコーディングするシーンが秀逸。

カントリー歌手として生きて
死んでいく男の生き様に
原アメリカを感じる。



センチメンタル・アドベンチャー [DVD]センチメンタル・アドベンチャー [DVD]
(2003/10/03)
クリント・イーストウッド、カイル・イーストウッド 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム