FC2ブログ

Dropboxポケットガイド 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > Dropboxポケットガイド

Dropboxポケットガイド

デスクトップのアイコンに
ファイルをドロップ!
バックアップはこれだけ。


今回の東北大震災で感じたのは
データのバックアップの重要性。
クラウドサービスは
ますます必要性を増している。

なかでも定番中の定番サービスが
Dropboxだ。
リンクはこちら→Dropbox
英語のみなのでちょっととまどうが
ブラウザーの翻訳サービスなどを使えば大丈夫。
無料で2Gバイトまでのバックアップスペースが手に入る。
その魅力は、設定さえ終えれば
ネット接続ができる環境であれば
ネットにバックアップしているという意識が
まったくなくバックアップができる点だ。

デスクトップの
Dropboxアイコンに
ファイルをドロップするだけ。
これだけで安全にバックアップがされるわけだ。
ただデスクトップ上のDropboxファイルにも
同じファイルが置かれるので
このフォルダを作業=保存用のフォルダとして
使うという考え方が必要だ。

使い方は人それぞれでいいが
例えば、作業用フォルダとする。
あるいは、保存用フォルダとする。
または、バックアップしたいものフォルダとする。
など自分で用途を決めておくといい。
それだけで、後は使っていることを意識しないで
バックアップが取られる。

Dropbox内でのフォルダの作り方なども
普通のWindowsでの作法とまったく同じなので
Dropboxを使っているという意識もないかもしれない。

ひとつ注意点を。
Dropbox内にデフォルトである
PhotosとPuburicは
ネット上への公開フォルダなので
ここには基本的にファイルを置かないこと。

クラウドサービスの定番だが
クラウドサービスを使っているというより
自分のパソコンに
2Gバイトのバックアップ付きフォルダができたという感覚。
もちろん、有料会員になれば容量はアップグレードできる。
画像をどんどん放り込むと
2Gではしんどくなるので
とりあえず使ってみて
使い道と費用のバランスで考えるといい。

仲間とデータの共有なども簡単にできそうなので
ここに撮った写真を入れておいて
自由にダウンロードしてもらうという
使い方もできる。

この本はそんなDropboxの使い方ガイド。
インストールはこの本を見なくても
簡単にできるが
サイトが英文だけに
本ガイドのような本が1冊あると安心だ。

こうしたクラウドサービスの良さは
スマートフォンを使っている方なら
さらに拡大する。
出先でスマートフォンから
Dropboxに入れたファイルにアクセスできるのだ。
また、スマートフォンからDropboxに保存できる。
若干のノウハウが必要だが
その辺も本書には詳しい。

こうしてPC以外のデバイスからも
機器を選ばずにアクセスできるのが
クラウドサービスの一番の魅力だ。

Dropboxになくしては困るファイルを置いておけば
災害などでPCが破壊された際でも
ほかのデバイスからアクセスできるのだ。


DropboxポケットガイドDropboxポケットガイド
(2010/08/21)
大河原 浩一

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[ 2011/04/05 11:14 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム