FC2ブログ

アキレスと亀 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

アキレスと亀

誰がアキレスで、誰が亀なのか。
アキレスは亀に追いつけるのか。
人生はいくつになっても不条理だ。


芸術に生涯翻弄される男と、その男と歩き続ける女の物語である。

地方の街の資産家の家に生まれた真知寿(まちす)は
小さ頃から絵を描き続けていた。
しかし、父が事業に失敗し自殺。
幼い真知寿を兄に預け、母が自殺する辺りから
人生に影が大きく差し始める。

この少年期のエピソードや映像がいい。
兄夫婦の住む田舎に暮らしながら
絵好きの少年と交流する。
自然しかない田舎の風景、
そこに置かれた二人。
淡々とほとんどしゃべらない真知寿。
そして、田舎からの出奔。
彼を送りに来た絵好きの少年の唐突な死。

この辺の言葉も演技も抑えた
描写はまさに北野ワールドである。

その後、物語はどんどん加速していく。
画家の画風が具象から抽象へと進んでいくように
新聞店での住み込み、美大生活へと
真知寿の生き様は絵一本へはちゃめちゃになっていく。
そこで出会ったのが生涯をともに生きる女性である。

周囲に人がいなくなっても
二人は常軌を逸した絵画創作に没頭していく。

老齢に入る真知寿。

見る者はラストで自分に問うだろう。
何がアキレスで、何が亀か。

芸術は不可解なり。
そして、人生はどうか。
己の人生はどうか。


アキレスと亀 [DVD]アキレスと亀 [DVD]
(2009/02/20)
ビートたけし、樋口可南子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム