FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ロード・トゥ・パーディション

ロード・トゥ・パーディション

これは親子の物語である。



マフィア世界を描いているが、
ここには父と子のさまざまな愛情や葛藤が凝縮している。

物語は静かに静かに進んでいく。



父と兄弟、2組の親子がいる。

一人目の父は、主人公であるトム・ハンクス演じる
マフィアのボスの義理の息子。
二人の息子をもつ。

二人目の父はマフィアのボスであるポール・ニューマン。
実の息子と、身寄りがなく息子同然に育てたその義理の息子トムがいる。

ある事件を契機に下の息子と妻を殺されたトムは、復讐を遂げようとする。

相手は、マフィアのボスの息子。

物語は次第に熱を帯び、死体が山積していく。

しかし。

トムといっしょにいる息子の言葉が
物語を一気に親子の物語へと昇華する。

ある宿での一夜。
息子は父に訊く。

「弟の方がぼくよりも好き?
 だって弟といるときは違かったもの」

父親の何気ない表情や態度から
愛情の違いを感じてしまう息子。

父に愛されたい息子の思いが伝わってくる。

ポールはできの悪い実の息子と
義理の息子であるトムへの愛情で葛藤する。
トムは息子に復讐すると迫ってくる。
実の息子を殺させることはできないポール。
しかし、トムにも逃げ通して欲しいと願う。
ここにも形を変えた兄弟の父への愛の葛藤があり、
それに応えようと苦悶する父の愛がある。

パーディションは夢の場所。
そこへの6週間の逃避と復讐の旅は
ただ一人トムの息子だけを生き残らせて終える。

父の息子への思い。
父の愛を求める息子の思い。
殺戮の物語の中で、
思いの輪舞曲は旋律は絡み合い
見ていて涙が止まらなくなった。



とあるシーンでポールがこう言った。
「息子とは父親に迷惑をかけるためにいる」


ロード・トゥ・パーディション(特別編) [DVD]ロード・トゥ・パーディション(特別編) [DVD]
(2009/01/30)
トム・ハンクス、ポール・ニューマン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム