FC2ブログ

男と女 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

男と女

波のように寄せては返す映画。
人生も同じように打ち寄せては戻る。

往年の若者には懐かしい
フランシス・レイのスキャットが響く
フレンチ映画。

音楽も、モノクロっぽい映像も
車のシーンも、二人が近づいては離れる距離感も
すべてがシンクロして波のように寄せては返す。

男と女は海辺にある子どもの寄宿学校で出会う。
父親と母親。そして、次第に男と女。
男はレーサー、女は映画関係者。
死の影がそれぞれ
かつてのパートナーとの別れに隠されていた。

そして、惹かれあう二人。
パリダカやルマンで疾駆する男。
男は女からの電報を受け取り
女のもとへひた走る。
そして、逢瀬。
しかし、女は死別した夫を思い出す。
後悔、別れ。
女は列車で、男は車で寄宿学校のある街を去る。
しかし……男は女を乗り換え駅で待つ。
再度の出会いとキスは
新しい始まり、それとも終わり。

波のように寄せては返す日々。
思い、後悔、過去、現在、未来。
ただ二人の恋愛は
すべての人の恋愛に昇華されていく。

いつも漂うのは、人の習い。

海辺の映像がいい。
波がいい。
人生そのものだから。


男と女 特別版 [DVD]男と女 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム