FC2ブログ

ゴールデンスランバー 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

2007年の逃走論。

逃げろ! どこまでも逃げろ!

堺雅人が総理大臣暗殺の濡れ衣を着せられて
ひたすら逃走を続けるエスケープムービー。

さまざまな人物が堺の逃走を助けていく。
そして逃げ続ける堺。
追う警察。
しかし逃走映画でありながら
捕まることへの恐怖は希薄だ。
奇妙なふわふわ感。
地上5ミリの浮遊感と呼びたい。
今という時代のつかみどころのなさが
そこには表現され
伊坂 幸太郎氏の原作の雰囲気を
上質に醸している。

伊坂氏の小説にも通じることだが
あるかなきかの抒情が持ち味だ。
情緒的になることを恐れる気分。
笑い飛ばしたい思い。
情を信じられない感覚。
しかし、ごく狭い身近な関係だけには
かすかな情が表現される。
ここにも今の感じが出ている。

そして。
浅田彰から遠く離れて
対抗する巨大悪や組織などの存在は薄れて
ただただ逃げ続ける。
それが現代という時代の感覚なのだ。
まさに2007年の逃走論がここにある。

逃げた先でどっこい人は生きていく。



ゴールデンスランバー [DVD]ゴールデンスランバー [DVD]
(2010/08/06)
堺雅人、竹内結子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム