FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > クルーエル・インテンションズ

クルーエル・インテンションズ

パラドックスに満ちた背愛の物語。

この映画は美しい義姉弟が恋愛をゲームとして生きていく物語である。
原作はラクロの『危険な関係』。

この物語には、多くのパラドックスが込められている。
その皮肉さがまた逆転の関係を次々に喚起する。

最初は美しい義姉弟というパラドックス。
この二人のヒロイン、ヒーローは
違う出会い方をしていたら、愛する関係になっていたかもしれない。
しかし、愛し合えない義理の兄弟という関係が
二人の仲を歪めていく。
お互いの恋愛ゲームに加担することでしか、お互いをわかりあえない。
愛から遠く離れて、不毛な関係がそこに積み重なっていく。

そして、弟が恋の駆け引きを日記に綴り続けるというパラドックス。
恋をゲームとしてしか見られないが、しかし、その勝利を日記に書き綴っていく。
そこには愛への希求と、しかし、得られない渇望が蓄積していく。

最後に弟が真実の愛に目覚めたときに
運命に裏切られるという最大のパラドックスが待つ。
幸せであるこの瞬間に不幸であることが押し寄せる。
皮肉な物語は、最後に姉の破滅で終わりを告げる。

恋愛をゲームとして興じていた二人の終わりに
なぜか切なく、悲しくなるのはなぜだろう。
これは引き裂かれた魂の物語だからだ。
姉と弟が恋愛をゲームとして勝ち負けを楽しんでいたのは、
実は愛で存在を認められない自分たちに対しての
自傷行為だったからに他ならない。
これは現代社会における私たちの存在意義という問題に
リアルに通じている。

クルーエル・インテンションズクルーエル・インテンションズ
(2000/03/10)
ライアン・フィリップ、サラ・ミシェル・ゲラー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム