FC2ブログ

悪の読書術 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > 悪の読書術

悪の読書術

本にも階級がある。

この本は、本に階級があるというところからスタートする。
スノッブな意味で読んでいてカッコいい本、
持っていてカッコいい本の紹介本だ。
一億総民主化というか、
みんながワンピースを絶賛する異様な状況下で
ノーブルでエスプリの効いた
上流の作家の本を学ぶことは意味があると感じる。
ここに登場する作家は、
須賀敦子を筆頭に白洲正子、塩野七生と続く。
この辺から始めたいものだ。
上流とは何か?教養とは何か?
について改めて考えさせられる。
自己啓発の意欲をかきたてられる一冊だ。

悪の読書術 (講談社現代新書)悪の読書術 (講談社現代新書)
(2003/10/20)
福田 和也

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/03/22 10:57 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム