FC2ブログ

GANTZ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

GANTZ

神なき国の神から下された戦い。

ガンツは設定の奇妙さに引き込まれる。
死んだ人間だけが
ガンツと呼ばれる黒い鉄球のある部屋へ
誘い込まれ、戦いのためのスーツと武器をもって
星人との戦いの場へ転送される。
勝てば点数がもらえ、100点になると
記憶を失って生き返るか
誰かを生き返らせる特典が得られる。

ガンツの表面に浮かぶひっくり返った文字がある
稚拙な文章により、集められた者たちは
意味もわからず戦いの場に送り込まれる。
何か変な星人たちといい
奇妙なユーモアが
いかにも現代だ。
神なき国で、神のごときガンツに
言われるがままに戦い
勝てば、いい子いい子をしてもらえる。
まさに幼児的なこのシチュエーションこそ
神なき国の日本の今を象徴している。
意味など要らない。意味などあり得ない。
松山ケンイチと二宮和也という
今勢いのある2大若手俳優を起用し
奇妙な戦いはリアルに展開されていく。
キレのあるアクション、これでもかと続く
星人の攻撃。
しかも、日本の日常のどこかで
それは行われている。
このさまざまな違和感が
積み重ねられ、ガンツは
ある種の黙示録にも読めてくる。
ラストに松山ケンイチ演じる
加藤が殺されて、物語は
ヒートアップしたまま
完結編に続く。

GANTZ [DVD]GANTZ [DVD]
(2011/07/13)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム