FC2ブログ

サブウェイ・パニック 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > サブウェイ・パニック

サブウェイ・パニック

白眉のサブウェイ・サスペンス。

クラシカル・サスペンスは味わいも展開も超一流だ。
1970年代。35年以上前のアメリカ・ニューヨーク。
地下鉄を占拠した集団誘拐事件が起きる。
味のある俳優たちがズラリとそろい
この映画を魅力的にしている。

軽口のアメリカンたちは
どんな状況でもジョークを口にする。
主人公は鉄道刑事のウォルター・マッソー。
ひげを生やしたこの刑事が渋い。
市長、警察組織、地下鉄組織が
それぞれに軽口を叩きながら
真摯に事件に取り組む。
組織が人間の組織として
機能していた良き時代。
だからこそ、人間の知恵と勇気が
事件を解決に向かわせる。

敵役となる強盗たちもいい。
ピエロのマスクをかぶった姿は
滑稽で、怖い。

加速する物語。
クライマックスに向けて
事件は大きく展開する。
現金を手にした強盗たちは
どうやって逃げるのか。
マッソーは追い詰め切れるのか。
手に汗握る展開とは
まさにこのこと。

今のようにCGや派手なアクションで
緊張感を作っていくのではなく
物語の積み重ねで緊張のボルテージが
高まっていく。

ラストの終わり方もしゃれている。
ぜひ観てほしい一本だ。

サブウェイ・パニック [DVD]サブウェイ・パニック [DVD]
(2009/05/22)
ウォルター・マッソー、ロバート・ショウ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム