FC2ブログ

009RE:CYBORG 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

009RE:CYBORG

サイボーグの孤独。

正義。平和。地球。宇宙。そして、神。

9人ぼっち。

サイボーグたちは911以降の地平で
孤独な戦いを繰り広げていた。

石ノ森章太郎のマンガを
攻殻機動隊の神山健治監督が映画化。
サイボーグたちの最後の戦いが描かれた。


●「彼の声」が指し示すもの。

「彼の声」に従って
高層ビル破壊連続テロが
全世界で起こっていた。
記憶を消された島村ジョーも
彼の声に従って六本木ヒルズを爆破しようと企てる。

彼とは誰か?
その声が指し示すものは?
映画には彼の姿は最後まで出てこない。
彼は神であろうことは想像がついてくる。
そして、神は人間の脳が生み出したものであるという
推論が展開される。
神は死んだ。
そんな言葉が頭をよぎる。
かつて。
サイボーグたちは巨悪と戦っていた。
戦うべき壁があり、大きな物語があった。
しかし、911以降の地平で
サイボーグたちは人類の頭がが生み出した力と
孤独な戦いを繰り広げていく。
ラスト近く。
ジェットとジョーが
宇宙空間でミサイルを爆破しようとする
有名なエピローグが描かれる。
この意味すらもまた変わっていく。
守るべきものはある。
しかし、戦うべきものも自らのうちにある。
このジレンマの中で
しかし、ジェットとジョーは
守るべきもののためにミサイルを破壊しようとする。


●なぜフランソワーズは美しくエロチックなのか?

この映画のサイボーグたちはみな一様に
大人びている。リアルだ。
なかでもフランソワーズが美しく
エロチックに感じるのは
男である僕だからか。
冒頭で飛行機から落ちるフランソワーズは
ゾクッとするほど魅力的だ。
そして、下着姿になり
ジョーとの抱擁する姿は
かつてのフランソワーズではない。
なぜ彼女はエロスをまとったのか。
エヴァのサービ!スサービス!ってこと。
いや、愛するジョーの孤独を癒すために
フランソワーズはより美しくなったのではないか。
その美とエロスこそが
サイボーグたちの生まれ変わりを象徴する。


●3Dは孤独の加速装置だ。

この映画は3D映像で作られている。
サイボーグたちは背景から浮き上がり
美しく躍動する。
そして、この3Dは孤独の加速装置だ。
誰もいない宇宙空間でのシーンで
それは際立つ。
009たちは孤独だ。
正義をなす者は孤独だ。
信念をもつ者は孤独だ。
戦う者は孤独だ。
戦うべき巨悪を失った者は孤独だ。
物語は孤独だ。
そして、その孤独に私たちも生きている。
3Dは私たちの孤独の加速装置でもある。

今、911を超えて。
311を超えて。
大きな物語の喪失を超えて。
神のなき時代を超えて。
私たちは生きなければならない。
孤独こそがサイボーグの
そして、私たちのアイデンティティなのだ。

009 RE:CYBORG
009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム