FC2ブログ

コヨーテ・アグリー 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > コヨーテ・アグリー

コヨーテ・アグリー

人生に間違いなんてない。

シンガーライターをめざして
ニューヨークに出てきた少女が
カウンターで踊るバー「コヨーテ・アグリー」で
働くことになる。
めざしていたものとは違うステージ
そして社会の厳しさを知る。
しかし、そこで成長していく
新しいニューヨーク・ストーリーだ。

少女はひとつのトラウマを抱えていた。
それはシンガーライターをめざしているが
人前で歌うことができないというものだった。
このトラウマをどう克服していくのかが
この映画のひとつのテーマになっていく。

「コヨーテ・アグリー」は
おかしなバーだ。
連日人が押し寄せ
バーテンの女性たちが
カウンターをステージに
腰を振って踊り
はちゃめちゃにはじける姿を
楽しむ。
せっぱつまって
ここで働くことになった少女は
トラブルを回避するために
ジュークボックスに合わせて
歌うことができた。
一歩前進。
ここから少女は
「コヨーテ・アグリー」で
人気を得ていく。
機転を利かせ
カウンターで乗りまくる少女たち。
これははちゃめちゃ青春ものだ。

そして。
この映画はもうひとつ
父親との愛情物語を
用意している。
娘をこよなく愛する父親は
「コヨーテ・アグリー」を訪れ
踊る娘を見て
ショックを受ける。
必死に電話で話す娘。
父親の事故をきっかけに
二人は関係を修復し
新たな関係へと向かう。

そして、ラスト。
少女はシンガーライターショーの
ステージに立つことになる。
少女はステージで歌うことができるのか。
それまでの「コヨーテ・アグリー」での経験や
ボーイフレンドとの出来事や
父親との関係。それらすべての経験が
少女に力を与えようとするシーンだ。


人生に間違いなんかない。
すべての経験は人を成長させていく。
そう感じさせてくれる
ハッピーストーリーに
仕上がっている。


コヨーテ・アグリー 特別編集版 [DVD]コヨーテ・アグリー 特別編集版 [DVD]
(2005/12/07)
パイパー・ペラーボ、アダム・ガルシア 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム