FC2ブログ

ふがいない僕は空を見た 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た

なぜか泣きたくなってきた。
セックスと命と子どもの物語。


田畑智子のコスプレベッドシーンで
ちょこっとだけ話題になった映画。

そこから始まった物語は
深く、果てしなかった。

アニメのコスプレ好き主婦のあんずと
コスプレセックスをする斎藤君。

貧民窟のような団地に
痴ほう症の祖母と住み
アルバイトに精を出すその友だち。

この男子高校生二人を中心に
いくつものエピソードが散りばめられた映画だ。

すべてのエピソードは
セックスと命と子どもにつながっている。

コスプレ主婦あんずは
子どもができずに
不妊治療をしている。
旦那はマザコン。
義母は子どもができないあんずを責める。

斎藤君のお母さんは助産士。
命が生まれる場で生きている。

友だちと女友だちは
同じ団地に住み
お互いの貧しさを
いたわりあいながら
ときとして苛立ち凶暴な牙をむく。

友だちのアルバイト先の先輩は
子どもに性的ないたずらをして逮捕される。

すべての子どもたちはふがいない。
ふがいないとは
自らの力で経済的に自活し自立できない姿だ。
そして自分が何もできないことに傷つき、悩むありようだ。

斎藤君は
コスプレセックスの動画をネットにさらされ
引きこもる。

その友だちは
金が底を突き、コンビニの店長の財布に手を出し
見つかる。
斎藤君にいら立ちを募らせ、
女友だちとコスプレセックスのビラをまく。

彼らはともにふがいない。
そして、彼らを取り巻く今の社会を生み出した
大人たちもふがいない。

そして、ふがいない日本。

小さなエピソードが
今の日本を露わにする。

斎藤君の友だちが
おにぎりにむしゃぶりつく姿には
涙が出た。

しかし。
あんずも、斎藤君も、その友だちも、その女友だちも。
明日を生きていかなければならない。

「すべての子どもは命なんだよ。
 その命を祈っている」
神社で助産士の母が語ったことばが
今の日本への祈りに聞こえてきた。

これは確かにセックスと命と子どもの物語だ。

観終わって数日。
なぜか泣きたくなってきた。

ふがいない明日を生きよう。
僕たちも。
祈りを込めて。

ふがいない僕は

映画『ふがいない僕は空を見た』公式サイト
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム