FC2ブログ
ホーム > > 細野真宏の世界一わかりやすい株の本

細野真宏の世界一わかりやすい株の本

予備校講師が書いた
株式投資の教育ソフト。


〇A4判という大きさと薄さ。

細野真宏はカリスマ予備校講師である。
彼がなぜ株式投資の本を書いたのか。
今、日本で金融・経済教育が
ほとんど行われていないからである。

この本はまず体裁がいい。
A4判という大きさに薄さ。
見やすく、どんどんページが進み
勉強しやすいサイズなのである。

さらに中身はさすがに予備校講師
噛んで含めるような内容はわかりやすい。

しかし、わかりやすさだけではない。
本質を突いた内容が盛り込まれている。


〇間接金融の問題。

細野氏が冒頭で指摘するのは
銀行にお金を預ける「間接金融」の問題点である。
株式などで会社に投資するのが「直接金融」なのだが
日本人は銀行にお金を預ける「間接金融」への性向が強い。
つまり、銀行にお金の貸し先を委ねている。
バブル時に銀行が不良債権問題でやり玉に挙げられたが
銀行に貸し先を委ねていた我々も批判されるべき要素があるという。
まさしく、正論。
だからこそ、金融・経済を勉強して
株式投資にも目を向けなければならない。


〇5~10年分のチャートを見よ。

基本中の基本なのだが
ある株式に注目したら
まず長い流れの中で
今どこにいるのかを知るために
5~10年分のチャートを見る。
まず全体を俯瞰することは大切だ。


〇利回りを計算せよ。

これも基本だと思うが
配当/株価×100=利回り
を計算せよ。
今の株価が平均と比べてどうなのか
数字できちんと判断することは基本だ。


〇情報判断力を磨け。

これがこの本のポイントだ。
まず個人投資家は投資のプロに比べて
情報入手能力が遅い。
だから、情報の早さにこだわるな、という。
ではどうやって個人投資家は投資するべきなのか。
細野氏は生活者としての目を生かせと説く。
自分や身の回りの人が使っている「ヒット商品」や
よく見るチャンネル、よく行く映画館から
中・長期投資のネタを見つけよという。

その際、情報判断力が重要だという。
西武鉄道がグループ保有株、虚偽記載があったとき
細野氏は直接西武鉄道に電話をかけて、
上場廃止になるかどうかを尋ねたという。
企業はIR対策のため、一般投資家にきめ細かく答えてくれる。
上場廃止の条件を理解し、西武鉄道の声を聞き
そうした情報を論理的に判断して
上場廃止を判断したという。

こうした情報収集と判断を
個人で的確に行うこと、
その結果を実際と照らし合わせていくことが
情報判断力を鍛えていくことになると思う。

次なる実践編に期待したい。


細野真宏の世界一わかりやすい株の本細野真宏の世界一わかりやすい株の本
(2005/06/10)
細野 真宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2013/01/28 15:13 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム