FC2ブログ
ホーム > > 細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編

名探偵コナンの謎解きを見るような
問題と明快な答えの提示。


〇予備校講師の筆舌は冴えわたる。

予備校講師が書いた
株式投資入門パート2。
前作にも増して
明快でなめらかな語り口だ。

スタイルは同じ。
株に関する問題を提示して
考えさせて
その後に模範解答を示す。
その快刀乱麻の切れ味と
論理的で明快な
そのくせ難しくない正答の導き方は
なぜか上質な探偵小説を読むようで
すごくわかった気にさせる。
しかし、自分が一人でその明快さを
もてるかというとそこは疑問が生じる。
明答にたどり着く苦労がやはり必要なのだ。


〇最初は証券会社の選び方から。

恐らく前作で質問が多かったと思われる
証券会社の選び方から入るのが
実践編っぽい。
株式会社は銀行と違って
顧客から預かったお金は
信用協会で保証されているから
証券会社の信用や破綻にそれほど
こだわる必要はないというのは納得。


〇メインテーマは「増資」と「株式分割」。

この本で多くのページを割いて
語られているのが「増資」と「株式分割」で
株価がどう動くか。
チャートへのこだわりや日常的な動きではなく
イレギュラーなことだが
だから逆に論理を積み重ねれば
正解に行き着く。
本質的には、
株が欲しい人が多ければ株価は上がる。
少なければ下がる。
ということだけで正解を導き出す。
このシンプルさが明快さを生んでいる。


〇株式投資へ興味をつなぐ一冊。

前作、この実践編どちらもが
本当に株式について知らない人が
一からその仕組みを学ぶためにいい本だと思う。
もちろんこれだけで勝てるほど株は甘くない。
とは重々理解しているつもりだ。

この本を読んだ後、
レギュラーなケイ線・チャートの読み方や
テクニカル指標の読み方へ進むべきだろう。


細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編
(2005/12/14)
細野 真宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト



[ 2013/01/31 11:07 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム