FC2ブログ

失踪日記2 アル中病棟 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > 失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

アルコールトラップ

好きっす。吾妻ひでお。
失踪日記から読んでます。
失踪したり、アル中になって病院入ったり。
悲惨なのに笑える。てか悲惨だから笑えるのか。
作者も自分を笑ってる。
悲惨さと笑いについて考えさせられる。
究極の自分さらけだし。
でも、それを快感に感じている自分がまたいて。
開き直ってる自分がまたいて。

自分自身にも絶対ある失踪願望やアル中状態。
アル中はなってるかな。
そんな気分も読みながら湧いてきて。
心がヒューッとなったり。
逆になんかホッとしたり。

登場人物たちは一生懸命生きてます。
アルコールから逃れたい、でも逃れられない。
いろいろやらかす。
そんなところが笑いを誘うんです。

そして、吾妻ひでお本人の
ちょっと引き気味なポジションもいい。

で、何が一番いいかって
ポジティブではないところがいい。
いや、ポジティブなんですよ。
でも、ポジティブではない。
突き詰めると、生きていくけど
生きていくことをどこかで突き放している。
そんな性癖が全編にみなぎって
だから、入院している人たちを書いても
どこか冷めていて。
その客観視というか、距離感に
ときおりヒューッとすきま風が吹くけど。
でも、だからホッとするというか。
人間嫌いなのかもね。
読んでる僕も。

しまった。
このレビューは飲みながら書くべきだった。

失踪日記2 アル中病棟失踪日記2 アル中病棟
(2013/10/06)
吾妻ひでお

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2013/11/14 11:56 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム