FC2ブログ

The Indifference Engine 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > The Indifference Engine

The Indifference Engine

フィクショナルからリアルヘ。

伊藤計劃の名を目にすると、胸が辛くなる。
若くして死した伝説。
遺したリアル。
伊藤は戦場を多く描いた。
今の世界は戦争にあふれている。
それを語り部のように。
SFの戦いというフィクショナルから、さらにリアルへ。
その戦いは世界を撃った。
そして、戦った男は若くして逝った。
文体は乾いている。
情感は捨てられる。
そこにリアルだからこその、滲み出る思いがある。
バーチャルを日常としながら、今そこにある明日を描き、
伊藤は諦念の上澄みとしての命を語った。
突きつけられる問い。
お前は生きているか。


The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
伊藤 計劃

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2014/04/28 12:18 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム