FC2ブログ

恋はデジャ・ブ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

恋はデジャ・ブ

同じ時間がループするシチュエーションを
ビルが感動にまで高めた。


いつも少し癖のある男を演じる
ビル・マーレー。
この映画でも癖のある嫌味な
お天気キャスター。
全面的に嫌味ではないけれど
何か嫌味、そんな感じがはまっている。

ビルは表情をあまり出さない。
それがこちらの感情移入によって
悲しく見えたり、辛く見えたりする。
そこがいい。

お話しはお天気キャスターで
田舎の町に取材に行った
ビルが同じ1日のループから
逃げられなくなるというシチュエーション。
同行するヒロインの女性ディレクターは
アンディ・マクドウェル。
ロマンチックな雰囲気が漂う。
もちろんビルが惚れるんだけど
嫌な奴のビルが好かれるわけがない。
同じ一日のループの中でビルは変化していって……。
こうしたSF的発想は思いつきやすいけど
そこからどんな展開になるかが意外に難しい。
そこを脚本と編集、そして何よりビルの演技で
見事に観させてくれる。
ラストは心が温かくなる。
何気ない一日が実は大切な一日。
人生は一日の積み重ね。
そんなことを思っちゃう映画でした。


恋はデジャ・ブ [Blu-ray]恋はデジャ・ブ [Blu-ray]
(2014/12/03)
ビル・マーレー、アンディ・マクドウェル 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム