FC2ブログ

ダーク・シャドウ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ダーク・シャドウ

ティム・バートンの世界観は
円環に閉じている。
だから、どれだけ遊んでも
ラストは帰結する。


ティム・バートンとジョニー・デップのバンパイアストーリー。
200年の眠りから覚めたジョニー・デップ演じるバンパイアは
現代に馴染まない。そこがボケになる。
そして、自らをバンパイアに変えた魔女との闘いの構図となる。
他の映画を観てもそうだが、ティムの作品は
始まりと終わりが呼応している。
始めから終わりが予兆されている。
その中で遊び心があふれだしても最後は始まりに終焉する。
言ってみれば、おもちゃ箱をどれだけひっくり返しても
最後は箱にしまわれる。
遊びの時間は終わりだと先生が言うと
おもちゃは箱にしまわなければならない。
そんな終焉。
だからこそ、どんなに遊んでも破たんがない。
破たんのしようがない。
それがティムのファンタジー。
終わりが来るのがちょっぴり淋しいのは
最初からそれが予感できるからだ。

ダーク・シャドウ [DVD]ダーク・シャドウ [DVD]
(2013/03/20)
ジョニー・デップ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム