FC2ブログ

風立ちぬ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

風立ちぬ

今という時代の危機感。
それがどう描かれたのか。
どうも消化不良だ。


戦争はいけない。
わかっていながら
人類は戦争を止められない。
今、日本は危険なところにいる。
そう感じている宮崎監督が戦争をどう描くのか。
それに対する解答は僕は読み取れなかった。
風が吹いてる以上、生きる。
最低限の思い。
それ以上でも、以下でもない。
そのことの重さはわかるが……。
しかし、今、ゼロ戦の設計者を描くということは
やはり戦争について考えるということだ。
答えは忸怩たるものだった。

美しい飛行機を作りたいだけ。
結核に侵された彼女との刹那の恋愛と結婚。

その思いはわかる。
一井の人間として戦争に向かう時代にいたら
どういうことができるかはわらない。
しかし、しかし。
兵器を作ったということへの覚悟と思い。
それがこの映画からは読み取れない。

ナウシカからずいぶん遠くに来た。
宮崎監督も、観る側も。
そして、宮崎監督の長編引退。
それがこの映画。
そこは意味深だ。

風立ちぬ [DVD]風立ちぬ [DVD]
(2014/06/18)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム