FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > WOWOW舞台『十三人の刺客』

WOWOW舞台『十三人の刺客』

期待が広がる前半。
悲しみに落ちる後半。


江戸時代。
将軍の弟である明石藩藩主・松平斉韶の
暴君ぶりは目に余った。
そこで、将軍家老中から暗殺の密名を受けた
御目付・島田新左衛門は同志を集める。
しかし、明石藩にはかつての友だった鬼頭半兵ヱがいた。

前半は松平斉韶の残虐ぶりが描かれ
高橋克典演じる島田新左衛門が同志を集める経緯が展開する。
サイボーグ009のメンバーが集ってくるような高揚感。
袴田吉彦の松平斉韶も憎たらしく、見事な敵役で後半へ期待が高まる。

そして、後半。
切り合いが続くが、こうした物語の常として
死ぬ人間が続出し、次第に悲しさが増してくる。
暗殺にせよ、何にせよ
人を討つことがゴールの物語は
爽快感は生まれてこない。
重いラストが少々辛かった。

舞台 十三人の刺客 [DVD]舞台 十三人の刺客 [DVD]
(2013/04/24)
高橋克典、坂口憲二 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム