FC2ブログ

まほろ駅前多田便利軒 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒

『まほろ駅前多田便利軒』を読みました。
これは三浦しをんの06年直木賞受賞作。
深くていい小説でした。◎
お話は東京郊外のまほろ駅駅前で
便利屋を営む多田と居候となった行天
という二人を中心にして進んでいきます。
何がいいって、一人ひとりの登場人物が
何かしら過去に問題を抱えていて
そのせいで少しずつ変な感じなところがいい。
深刻に悩んで重たいのでもなく
でも突然過去の反映のような変な性格が出てくる。
僕たちが生きてる人生でもそうだよね。
日々生きていく中で毎日ウダウダ悩んでいるわけにもいかないし
でも、やっぱり過去の出来事で人がゆがんでたり、変わってたり
それが個性だったり。
そして、便利屋に持ち込まれてくるトラブルの数々。
そこにヤクザさんもからんできたり
エンターティメント性も満載でいながら
おもろうて、ときおりホロリとさせられます。
その辺のさじ加減や人の描き方がさすがです。
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2009/02/12 10:47 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム