FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > 二流小説家 シリアリスト

二流小説家 シリアリスト

獄中の殺人犯が外部殺人?
緊迫感あふれるミステリー。


上川隆也は自称二流小説家。
獄中の殺人犯・武田真治の依頼を受け取材をする。
ところが、外部で取材した人物が殺されていく。
どうしてなのか?
意外と楽しめたミステリー。

何より武田真治の鬼気迫る殺人犯役がいい。
上川隆也も凡庸な小説家を演じている。
そこに殺人犯の被害者家族である片瀬麗奈
上川の姪・小池里奈が加わり
3人で素人探偵まがいの動きをするが
取材した人物たちが次々と殺されていく。

ミスリードもあり
真犯人は誰かという緊張感に迫られながら
観ていった。

しかし、意外な真犯人が立ち上がってきても
そこに驚きは意外にない。
むしろ、事件の背景にこそ、驚きが潜むべきだと思う。
巨悪であったり、驚くべき組織であったり。
そうした驚きが欲しくなったところもあった。

二流小説家 シリアリスト

二流小説家 シリアリスト
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム