FC2ブログ

おもひでぽろぽろ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

おもひでぽろぽろ

大人の私は
小学校時代の思い出に
けっこう影響されている。
しかも苦い思い出に。


27歳の私が小学5年生の私と
田舎を訪れる物語。

TVから流れるひょっこりひょうたん島、
クラスにいた汚れた服装の子、
学芸会などの思い出が
僕の世代とぴったり。

思い出ってドラマとかでは
甘く切ない風に描かれがちだけど
このアニメではどれも苦くしんどい。
でも、そうだよなって納得し、共感。

小学5年生の私が27歳の私の周りを動き回って
かつての思い出を描き出す手法は
心象風景ってそういうものだと素直に入ってきた。

隣の席になった汚い服装の男の子が
最後に握手をしてくれなかったことを
主人公は悔やんでいたけれど
実はそれが、その男の子の
好きの表現だったという下り。
引っ越していく男の子とすれ違ったシーンは
胸にしみてきました。

ラストに素敵なドラマがあって
思い出は辛いことばかりだけれど
でも、そうした自分があって
今の自分が明日へ向かっていく。
そんな前向きな気分になれた作品でした。

おもいでぽろぽろ

おもひでぽろぽろ
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム