FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > オキーフの恋人 オズワルドの追憶

オキーフの恋人 オズワルドの追憶

この厚い一冊と夏を過ごした。

人はたくらみに満ちた小説と呼ぶのだろう。
探偵と編集者との濃密でミステリアスな時間。
それが良かった。
ラストは個人的にはあまり楽しくなかった。
裏切りは辛かった。
今までの楽しい時間は嘘だったのか。

素人探偵の物語と
その物語の編集者
二人の冒険物語を行き来する構成。

それがオキーフの恋人 オズワルドの追憶
という2つの話。

オキーフは画家。
オズワルドはケネディを暗殺したと言われる男。
題名に冠したその名前に
物語の終わりは内包されていたのかもしれない。

個人的にはこの冒険とラブロマンスは
終わって欲しくなかった夏。

オキーフの恋人 オズワルドの追憶

オキーフの恋人 オズワルドの追憶 (小学館文庫)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム