FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > 警察署長ジェッシイ・ストーン 陰に潜む

警察署長ジェッシイ・ストーン 陰に潜む

ダークな映像で描く
悩み多き警察署長の
ハードボイルドムービー。
第1作は無差別連続殺人。


ダークな映像は主人公である
警察署長ジェッシイ・ストーンの心象を表す。
妻の裏切りによる離婚。
そこから来る過度の飲酒で前職を追われたジェッシイは
小さな街の警察署長となる。
そこで長年の勘ってやつで事件を解決していく。

第一作目は無差別快楽殺人。
おだやかな街に似合わない恐怖が始まる。
そして、その魔の手はジェッシイの身近にも。

そして、もう一つの事件は少女のレイプ。
学内の犯人をこちらは部下の捜査で突き止める。

このシリーズは毎回そうだが
2つの事件が絡み合う構成だ。

そして。プライベート。
毎夜鳴る元妻からの電話。
断ち切れない未練。

しかし、刑事としての敏腕は衰えない。

海辺の橋を渡った自宅で
スコッチの瓶とグラスが印象的に出てくる。
この橋も、強いジェッシイと弱いジェッシイが切り替わる象徴。
すべては隠喩に満ちている。

だから、この映画の映像が悲しみにあふれているのは必然か。

原作はロバート・B・パーカー。
昔、探偵ものをよく読んだ。
だから、観始めたこのシリーズ。

悩みを抱える主人公は定番。
人生は悩みとともにあるものか。

そして、毎回ショックをもたらすストーリー展開。
推理ではなく、長年の勘で犯人を割り出し
罠にかける、そのやり口も腑に落ちる。

一番の魅力はやはり驚きのストーリー展開か。

警察署長ジェッシイ・ストーン 陰に潜む
ストーン・コールド 影に潜む [DVD]

スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム