FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ウォルト・ディズニーの約束

ウォルト・ディズニーの約束

メアリー・ポピンズを観たくなった。
原作者のトラヴァース夫人が
とってもチャーミング。


チャーミングと言っても
普通の可愛いではない。
メアリー・ポピンズを映画化しようとする
ディズニーの面々と丁々発止の戦い。
すべてを否定する。
ウォルトに対しても、胡散臭い印象を崩さない。
その頑固さに惹かれた。

人は頑固さを貫くことはなかなかできなない。
ついつい他人と合わせてしまう。
だからこそ、トラヴァースの頑固さが潔い。

そして、彼女の魅力につかまっていくと
実はその頑固さの裏に父との確執があることが浮かび上がってくる。
この辺の深みが物語に感動をもたらす。

脚本がいい。
この映画化を認めた
ディズニーの懐の深さもいい。
すべてがマッチして
忘れられない映画が生まれた。

ウォルト・ディズニーの約束
ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム