FC2ブログ

ソラニン 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > > ソラニン

ソラニン

いらだちは、希薄な自分へのラブレター。

そこにあるのは、表層に見える社会や大人への不満ではない。
欠落のある自分から、未来の自分への渇望だ。
若者に限らない。
今という時代でどう夢を見たらいいのか、という自問自答は
すべての夢見られない人の胸を打つ。

種田と芽衣子。
ソラニンというジャガイモの毒につながるネーミング。

ソラニンは、空も内包する。
毒に内包された希薄な希望。
それこそがソラニンの意味かもしれない。

もっと言えば、夢は人間の毒かもしれない。
夢見なければ、もっと楽に生きられる。
でも、夢がなければ生きていけない。

英雄のいない時代は不幸だが、
英雄を求める時代はもっと不幸だ。
という言葉を思い出した。

夢のない私は不幸だが、
夢を求める私はもっと不幸だ。

上巻と下巻で趣を一変する。
上巻は種田の葛藤と決断。
下巻は芽衣子の葛藤と行動。

美しいのは行動なのだ。

夢を見にくい今という時代。
反面、夢があちこちに落ちているように見える現代。
コンビニにも夢は落ちている。
というか、夢は拾うものか。

このコミックは
「夢を見る」という「夢」への
果てしない写し鏡だ。

浅野いにおを若者に受けているという
世代論で終わりたくない。
太宰に通底する、というのは言い過ぎだろうか。

ソラニン1
ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)

ソラニン2
ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)
スポンサーサイト
[ 2016/03/17 22:18 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム